日経Gooday TOP  > 有料会員限定  > 医療・健康トレンドピックアップ  > 思い出せない、集中できない… 「脳の劣化」を防ぐスマホの使い方  > 2ページ目

医療・健康トレンドピックアップ

思い出せない、集中できない… 「脳の劣化」を防ぐスマホの使い方

早稲田大学教授の枝川義邦さんにスマホと脳の関係、脱「スマホ依存」法を聞く

 日経ヘルス

ぼんやりしている時間は脳の疲労回復につながる

 スマホのこうした長時間使用は脳を過度に疲弊させる

 人類が二足歩行を始めてから脳の大きさ自体は大きく変わっていない。一方、処理する情報量は右肩上がりに増え、スマホの登場で飛躍的に高まった。脳に入力される情報量が過多になり、処理しきれなくなって「脳過労」がもたらされる。


続きは「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方のみ、
ご利用いただけます。

残り4102文字 / 全文5044文字

この記事の概要

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.