日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 医療・健康トレンドピックアップ  > いきなり5倍! 同じ“白米ごはん”なのに、最新の食品成分表で食物繊維急増の怪
印刷

医療・健康トレンドピックアップ

いきなり5倍! 同じ“白米ごはん”なのに、最新の食品成分表で食物繊維急増の怪

食品成分表の数値が変わり、その結果、日本人の食物繊維摂取量が見た目だけ急増

 日経ヘルス

玄米より白米の方が食物繊維が多い──そんな珍現象が起きている。 栄養計算で用いる食品成分表の最新版で、一部の食品で食物繊維の成分値が変更されたからだ。 なぜか? 日経ヘルス秋号より、背景を取材した記事を紹介する。

一部の食品だけに新分析法適用、“逆転現象”が生じた

 食物繊維が豊富な外皮を丸ごと含む玄米は、外皮を取り除いた白米よりも、含まれる食物繊維が多いというのは疑いようのない事実。それなのに「日本食品標準成分表2020年版(八訂)」(以下、食品成分表)で、奇妙な “逆転現象”が起きている。原因は食物繊維の測定法に新たな方法が加わったからだ

 2017年まで、食物繊維の成分値は「プロスキー変法」(以下、P法)で測定した値だったが(*1)、2018年から一部の食品の測定に「AOAC 2011・25法」(以下、A法)が導入された。A法の特徴は、(1)P法では測定できない「低分子水溶性食物繊維」を測れる、(2)P法では部分的に不溶性食物繊維として測定される「難消化性でんぷん」の全量が測れること(下図)。

食物繊維の種類と2つの測定法で測れるもの、測れないもの
食物繊維の種類と2つの測定法で測れるもの、測れないもの
A法では、P法では測定できない低分子水溶性食物繊維と難消化性でんぷんのすべてを含む不溶性食物繊維が測定できるので、食物繊維の総量に違いが生じる。

 国際的には、低分子水溶性食物繊維は各国の判断で食物繊維に含めていいことになっているし(*2)、難消化性でんぷんも取りこぼしなく測れたほうがいいはず。ということで「これらの成分を比較的多く含む穀類やイモ類、豆類など、相対的に炭水化物が多い食品は、こちら(A法)で測定しましょう、ということになった」と日本食物繊維学会の理事長でもある大妻女子大学の青江誠一郎教授は説明する。

60食品のみA法値を記載 白米はA法値、玄米はP法値

 しかし該当するすべての食品の測定は間に合わず、食品成分表にはA法で測定済みの60食品はその成分値、それ以外はP法で測定した成分値が載っている。詳細な成分値がわかる食品成分表の「炭水化物成分表編」にはA法とP法の成分値が併記されているが、食品成分表の本体では、どちらの方法で測定した成分値なのかがわからない。文部科学省の「食品成分データベース」で検索した結果も食品成分表本体の成分値だ。

 そのため次のような怪現象が起きている

白米ごはん(白米(めし))はA法で測った成分値に変わり、玄米ごはん(玄米(めし))はP法で測った成分値のままなので、白米ごはんの方が食物繊維が多い。

全粒粉のパンの食物繊維は食パンよりもちょっと多いだけ。

生のジャガイモの食物繊維は一気に7倍超。

乾燥したあずきでは食物繊維が増え、ゆでたあずきでは減った。

[画像のクリックで拡大表示]

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 加齢で進む胃の不調 機能性ディスペプシアと逆流性食道炎の原因と対策

    加齢により胃の機能が衰えると、さまざまな不調が起きる。ピロリ菌の除菌が進んで胃がんや胃潰瘍が減ってきた今、胃の病気の主役は、胃もたれや胃痛の症状を招く「機能性ディスペプシア」と、胸やけやげっぷが起きる「逆流性食道炎」の2つに移行しつつある。なぜ機能性ディスペプシアと逆流性食道炎は起きるのか、どのような治療が必要なのか、セルフケアで改善・予防できるのか。このテーマ別特集では、胃の不調の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.