日経Gooday TOP  > からだケア  > 医療・健康トレンドピックアップ  > 進化した遠近両用コンタクト 老眼初期やスマホ老眼に合うものも登場  > 2ページ目

医療・健康トレンドピックアップ

進化した遠近両用コンタクト 老眼初期やスマホ老眼に合うものも登場

短所も知り、上手に眼科に相談を

 荒川直樹=科学ライター

 利用者が遠近両用SCLを満足して使うには、老眼鏡を使わなくてもいいというメリットと、見え方の質が低いというデメリットに折り合いをつけることが、ある程度は必要となる。しかし、20年前に初めて遠近両用SCLが登場したときにはレンズの性能が今ほど高くない上、レンズの選択肢も少なかったため、処方してもらおうと眼科を受診して装着してみても、「遠くがぼやけて見える」「自分には合わない」などと感じ、使うのを断念したり、使い始めてもすぐにやめる人が多かった。


続きは「日経Gooday会員(無料)」、
「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方がご利用いただけます。

日経IDがあれば簡単30秒

この記事の概要

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.