日経Gooday TOP  > からだケア  > 医療・健康トレンドピックアップ  > 「じんましん」の治療あきらめないで 重症例に効く薬も登場  > 2ページ目

医療・健康トレンドピックアップ

「じんましん」の治療あきらめないで 重症例に効く薬も登場

慢性じんましんは早めに治療した方が治りやすい

 荒川直樹=科学ライター

 原因はさまざまでも、多くの場合、その発症メカニズムは、皮膚の免疫細胞の一種である肥満細胞からヒスタミンという物質が放出されることだ。その作用により血管から血液の血漿(けっしょう)成分が漏れ出し、皮膚の組織が「水びたし」の状態になり膨れる。医師は皮膚の表面で起こるのを膨疹(ぼうしん)、少し深い部分で起こるのを血管性浮腫と呼ぶが、症状によっては治療が変わらないため診断では区別しないことも多い。


続きは「日経Gooday会員(無料)」、
「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方がご利用いただけます。

日経IDがあれば簡単30秒

この記事の概要

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.