日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 医療・健康トレンドピックアップ  > 筋肉、肌、血管、脳…全身を若く保つ最重要栄養素「たんぱく質」の正しいとり方  > 4ページ目

医療・健康トレンドピックアップ

筋肉、肌、血管、脳…全身を若く保つ最重要栄養素「たんぱく質」の正しいとり方

たんぱく質の教科書【前編】

 日経ヘルス

年齢が上がるほどたんぱく質は必要

 1食ではどれくらいの量のたんぱく質をとればいいのだろうか。「厳密には体重や活動量で摂取量を計算するが、活動レベルが中程度の30~40代女性であれば、1食22~35gが目標量。たんぱく質20gの目安は肉や魚手のひら1枚分と覚えておくといい」(藤田教授)。卵や豆腐、乳製品などはそれぞれ1単位で6~7gしかとれないので、3つ組み合わせるくらいがちょうどいいという。


続きは「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方のみ、
ご利用いただけます。

残り2818文字 / 全文3746文字

この記事の概要

筋肉
キーワード一覧へ
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.