日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 医療・健康トレンドピックアップ  > 筋肉、肌、血管、脳…全身を若く保つ最重要栄養素「たんぱく質」の正しいとり方  > 3ページ目

医療・健康トレンドピックアップ

筋肉、肌、血管、脳…全身を若く保つ最重要栄養素「たんぱく質」の正しいとり方

たんぱく質の教科書【前編】

 日経ヘルス

 たんぱく質が重要なことはわかった。では、どのように食べるといいのか、ここからは「たんぱく質摂取のポイント」を藤田教授に聞いていこう。

1食のたんぱく質不足で筋肉量は減る

 「筋肉の分解を防ぐには3食均等にたんぱく質をとるのがベスト。1日の総たんぱく質摂取量は十分でも、食事に偏りがあり、3食のうちどれか1食でもたんぱく質摂取量が足りないと筋肉量低下のリスクが高まる」と藤田教授はいう。


続きは「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方のみ、
ご利用いただけます。

残り2818文字 / 全文3746文字

この記事の概要

筋肉
キーワード一覧へ
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.