日経Gooday TOP  > からだケア  > 医療・健康トレンドピックアップ  > 「ワキ汗」に悩む人に朗報 副作用の少ない保険適用薬が登場  > 2ページ目

医療・健康トレンドピックアップ

「ワキ汗」に悩む人に朗報 副作用の少ない保険適用薬が登場

1日1回入浴後に塗るだけ、副作用少なくワキ汗減らす効果が高い

 荒川直樹=科学ライター

 一つは、エクリン腺から汗が出る穴(汗孔)を塞いでしまう治療だ。従来からある方法は塩化アルミニウムという成分を含んだ制汗剤を毎日塗布する。塩化アルミニウムは汗の成分と結びつくことで固まりを作り、汗の通り道を塞いでしまう。患者の半分で症状をコントロールできるが、刺激があり、多くの人が皮膚の副作用(皮膚炎、紅斑、かゆみ、湿疹など)を起こすため、ステロイド外用薬を併用することも多かった。また、保険で治療のできる医薬品としては発売されておらず、薬局で調剤してもらう必要がある(薬局製造販売医薬品)。そのため近隣の薬局で対応できない場合があるという課題もあった。


続きは「日経Gooday会員(無料)」、
「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方がご利用いただけます。

日経IDがあれば簡単30秒

残り2944文字 / 全文4103文字

この記事の概要

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.