日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 中野ジェームズ修一のカラダお悩み解消講座  > マッサージに行っても、すぐ肩こりがぶり返すのはなぜ?  > 3ページ目
印刷

中野ジェームズ修一のカラダお悩み解消講座

マッサージに行っても、すぐ肩こりがぶり返すのはなぜ?

第8回 肩がこる原因は、実は一つではない!

 中野ジェームズ修一

環境の変化からストレスが増え、肩こりの原因に

 さて、ここまでの説明で、筋力不足、血行不良が原因で肩こりが起きることが分かっていただけたかと思います。それでは、定期的に体を動かし、筋力不足とも血行不良とも無縁であれば肩はこらないかというと、そうではありません。肩こりは、ストレスが原因でも起きるからです。

 実は、オリンピックに出場するようなトップクラスのアスリートでも、肩がこります。彼ら彼女らは、筋力も十分ありますし、練習中に腕をたくさん動かしているので、血行不良でもありません。それでも、大きな大会の前になると、ストレスから肩こりが起きるのです。

 かくいう私も、毎日仕事で体を動かし、動的ストレッチも欠かさず行っていますが、肩がこることはあります。そういうときは、フィジカルトレーナーとして難しい仕事に挑戦しようとしているときだったりします。例えば、これまで指導した経験がない競技のアスリートを教えるときなどです。

 以前の連載記事でも解説しましたが、ストレスが高まると、脳の血流量が減り、前脳にある「側坐核」という部位の働きが低下することで、体に痛みを感じやすくなることが分かっています。そのため、ストレスがあると、肩こりがさらにひどくなってしまうのです。

 ストレスから肩がこってしまったら、私は趣味のランニングに出かけます。すると、肩がみるみる楽になるのを実感できます。好きなランニングをやることでストレスが発散できるというわけです。

 また、ストレスの原因を把握することも大切です。私が、肩こりに悩むクライアントに「いつから肩こりがひどくなりましたか?」という質問をすると、「そういえば、転職してから…」「結婚を機に、引っ越したので…」といった回答が返ってきます。つまり、環境の変化がストレスの原因になっていたりするのです。

 相談者の方も、大事なプレゼンが迫っているときに肩こりがひどくなっているので、仕事の忙しさがストレスの原因となっている可能性はありますよね。

マッサージ中はスマホを置いて「自分を見つめ直す」時間に

 肩こりをマッサージだけで治そうとするには無理があるという話をしましたが、一方でマッサージには何も効果がないかというと、そうではありません。私もマッサージが好きです。

 マッサージでは、押したり揉んだりすることで一時的に血行が良くなるだけでなく、心身ともにリラックスすることで、ストレスが和らぐ効果が期待できます。気分転換の手段の一つと考えればいいのです。好きな映画を観たり、ゆっくり入浴したり、散歩に出かけたりすることと同じです。

 私から相談者の方へ提案したいのは、マッサージの時間を、自分を見つめ直すために使うということです。そうすれば、何が自分のストレスになっているのかが見えてくるでしょう。

 私が、マッサージの時間こそ自分を見つめ直すのに最適だと知った出来事がありました。それは、大きな大会で、フィジカルトレーナーとして、あるアスリートに帯同したときのことです。

 その選手は、試合を控え、「肩がこる」と訴えていました。そこで、メディカルスタッフがマッサージをすることになりました。マッサージが始まると、その選手はスマートフォンを取り出しました。練習中はスマホを見られないので、友人や家族とやり取りしたかったのでしょう。

 しかし、メディカルスタッフは、「マッサージ中はスマホを置いて、自分を見つめ直す時間に使いなさい。あなたの肩こりは、ストレスからきているのだから」と言いました。目の前でそのやり取りを見ていた私は、なるほどと感じたのです。

 現代社会に生きる我々は、スマホやPC、あるいはテレビの画面から、膨大な情報を受け取っています。マッサージを受けている1~2時間は、そうした情報をシャットダウンすることで、内省できる貴重な時間として使えるはずです。

 マッサージの間は、自分を見つめ直し、肩がこる原因を考え、自分の体と真摯に向き合ってほしいのです。そうすれば、今よりずっと、上手に肩こりと付き合っていくことができるでしょう。

【中野さんからのアドバイス】

慢性の肩こりがどうしても治らない人へ…

肩こりの原因は、筋力不足、血行不良、ストレスの3つ

特に女性で筋力不足の人は、肩周辺の筋トレを!

血行不良の対策は、腕を回す動的ストレッチ

何がストレスの原因なのか、自分を見つめ直して探そう

(まとめ:長島恭子=フリーライター)

中野ジェームズ修一(なかの ジェームズ しゅういち)さん スポーツモチベーションCLUB100技術責任者/PTI認定プロフェッショナルフィジカルトレーナー
中野ジェームズ修一(なかの ジェームズ しゅういち)さん フィジカルを強化することで競技力向上やけが予防、ロコモ・生活習慣病対策などを実現する「フィジカルトレーナー」の第一人者。元卓球選手の福原愛さんやバドミントンのフジカキペア、プロランナーの神野大地選手など、多くのアスリートから絶大な支持を得る。2014年からは青山学院大学駅伝チームのフィジカル強化指導も担当。早くからモチベーションの大切さに着目し、日本では数少ないメンタルとフィジカルの両面を指導できるトレーナーとしても活躍。東京・神楽坂の会員制パーソナルトレーニング施設「CLUB 100」の技術責任者を務める。『世界一伸びるストレッチ』『世界一効く体幹トレーニング』(サンマーク出版)、『青トレ 青学駅伝チームのコアトレーニング&ストレッチ』(徳間書店)、『医師に「運動しなさい」と言われたら最初に読む本』(日経BP)などベストセラー多数。

先頭へ

前へ

3/3 page

肩こり
筋肉
キーワード一覧へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.