日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 中野ジェームズ修一のカラダお悩み解消講座  > マッサージに行っても、すぐ肩こりがぶり返すのはなぜ?  > 2ページ目
印刷

中野ジェームズ修一のカラダお悩み解消講座

マッサージに行っても、すぐ肩こりがぶり返すのはなぜ?

第8回 肩がこる原因は、実は一つではない!

 中野ジェームズ修一

肩こりの原因は複数あることも

 肩こりはつらいですよね。肩こりがひどくなってマッサージに駆け込む人は多いですが、「マッサージに行っても、すぐにまたぶり返してしまう」という話もよく聞きます。

 マッサージだけに頼って肩こりを解消しようとしても、根本的な解決にはなりません。相談者の方のように運動を取り入れるのはよいことですが、それでも肩こりが治らない場合も少なくないですよね。

 それはなぜでしょうか? 肩こりというのは、実は一つの原因で起きるわけではないからです。

 肩こりの原因は、筋力不足、血行不良、ストレス、と大きく3つに分けられます。

 筋力不足でなぜ肩こりが起きるのかというと、人間は、1本で約2~3㎏ある腕や、約5~6kgある頭を、首から肩を覆う僧帽筋をはじめとする、さまざまな筋肉で支えています。ある筋肉の力が衰えると、その分、ほかの筋肉に負担がかかるようになります。すると、負担が余計にかかっている筋肉が疲れやすくなり、それがコリにつながるのです。

 また、筋肉は使わないと力が弱くなっていきます。例えば、「バッグが重いのは嫌だ」と、荷物を軽くすれば、それに伴って、バッグを持つための筋力はどんどん低下していきます。たまに、彼氏にバッグを持ってもらっている女性を街中で見かけますが、フィジカルトレーナーとしては「自分で持たないと筋力が衰えますよ!」と言いたい気持ちになります(笑)。

 本人は楽をしているつもりかもしれませんが、楽をすればするほど、筋力も落ちていきます。筋力不足で肩こりが起きている人が、なるべく重い荷物を持たないようにすると、筋力不足が解消されることもなく、肩こりはひどくなる一方なのです。

 一般に、女性のほうが筋力不足に陥りやすいので、慢性的な肩こりで悩んでいる女性は、肩の周辺の筋肉を筋トレで鍛えたほうがいいかもしれません(肩こり解消に効果的な筋トレの方法については「もはや女性が『筋トレしない理由』はない」をご覧ください)。

肩の関節を動かさないことで周辺の筋肉が血行不良に

 血行不良によっても肩こりは起きます。肩の関節の周辺にある筋肉を動かさないことで血行不良が起き、それにより老廃物などが排出されにくくなり、痛みやコリが生じるのです。

 肩の関節は、人間の関節のなかでも、最も多くの方向に動くといわれています。可動域がそれぞれ非常に広いのも特徴です。この関節は、上腕骨、肩甲骨、鎖骨の3つの骨によってできていて、非常に不安定な構造をしているので、多くの筋肉や腱などによって支えられています。

肩の関節の構造
肩の関節の構造
原図=(c)alila-123RF
[画像のクリックで拡大表示]

 さまざまな方向に広く動くということは、動作をコントロールするためにも多くの筋肉が必要だということです。つまり、肩の関節を十分に動かさないでいると、動かない筋肉が増えるため、血行不良が起きやすくなってしまうのです。

 読者のみなさんも、今日1日の行動を振り返ってみてください。肩の関節をどれぐらい動かしたでしょうか。「そういえば、今日は一度も腕を高く上げていない」と気づいた人も、少なくないでしょう。ラジオ体操のように、腕を大きく上に挙げたり、グルッと回す動きは、日常生活ではあまりしないものです。

 人間は、できるだけ体が疲れないような生活様式が身に付いています。例えば、キッチンやダイニングでは、よく使う食器類を取り出しやすい高さの棚にしまっておきます。リビングでは、テレビなどのリモコンを、少し手を伸ばせば取れる位置に置いておくのが普通です。すると、日常的な動作では肩の関節を大きく動かすことが少なくなり、血行不良になりがちになるのです。

 血行不良を防ぐためには、腕を大きく回す動的ストレッチが効果的。ぜひ試してみてください(動的ストレッチの具体的なやり方については「慢性のつらい肩こりも撃退! 肩をぐるぐる回す動的ストレッチ」をご覧ください)。

肩こり
筋肉
キーワード一覧へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 加齢で進む胃の不調 機能性ディスペプシアと逆流性食道炎の原因と対策

    加齢により胃の機能が衰えると、さまざまな不調が起きる。ピロリ菌の除菌が進んで胃がんや胃潰瘍が減ってきた今、胃の病気の主役は、胃もたれや胃痛の症状を招く「機能性ディスペプシア」と、胸やけやげっぷが起きる「逆流性食道炎」の2つに移行しつつある。なぜ機能性ディスペプシアと逆流性食道炎は起きるのか、どのような治療が必要なのか、セルフケアで改善・予防できるのか。このテーマ別特集では、胃の不調の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.