日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 中野ジェームズ修一のカラダお悩み解消講座  > 「宅配ピザ」は健康に良い? 悪い?  > 4ページ目
印刷

中野ジェームズ修一のカラダお悩み解消講座

「宅配ピザ」は健康に良い? 悪い?

第7回 トレーナーからの意外な回答は…

 中野ジェームズ修一

 さらに、バナナやキウイなどのカットフルーツも加えれば、栄養バランスはバッチリです! これで、「栄養が偏ったジャンクフード」ではなく「バランスの良い食事」になります。

 宅配ピザを頼むときのサイドメニューというと、フライドポテトやチキンを付けたり、デザートにアップルパイやアイスクリームを注文したくなりますが、それはアウトです。

 このスープのレシピと、栄養価のグラフを載せておきますね。私も実際に作ってみましたが、簡単にできておいしかったです。

きのことワカメのオートミールスープ

【材料】(1人分)

  • オートミール……小さじ1杯
  • かつお節……大さじ1杯
  • カットわかめ……小さじ1杯
  • しめじ……20g
  • 水……150cc
  • 醤油……少々

【作り方】

カップに水としめじを入れて電子レンジで2分程度加熱。しめじが十分加熱されたら、オートミール、かつお節、カットわかめも入れてよく混ぜる。醤油で味を調えて出来上がり。

※複数人分作るときは、鍋で作るほうが効率的。オートミールは、フレーク状のものは加熱なしで使用できますが、加熱が必要なものは、しっかり煮込む必要があるので、購入の際に注意しましょう。

[画像のクリックで拡大表示]

※グラフは「日本人の食事摂取基準(2020年版)」における30~40代女性で身体活動レベルが「II(ふつう)」の人の1食当たりの必要量を100とした場合。


 相談者の方は、家族のために毎日食事を用意していらっしゃいます。そんな方が、1カ月に一度くらい宅配ピザを頼んだって、手抜きでもなんでもありません。

 それに、1品付け加えるだけで栄養バランスも優れた食事になるのですから、ぜひ罪悪感を覚えずに、宅配ピザを頼んでいただければと思います。子どもたちも、そして恐らくお父さんも、喜びますよ。

【中野さんからのアドバイス】

宅配ピザの健康への影響が心配な人へ…

月に一度や2週間に一度、ピザを食べても健康への影響は少ない

ピザは栄養価としては脂質とたんぱく質が多め、食物繊維が少ない

1品だけ手作りして栄養を補えばなおよい

食物繊維とビタミンB群、ミネラルが豊富なスープなどがお勧め

(まとめ:長島恭子=フリーライター/協力:安西仁美=管理栄養士/図版:増田真一)

中野ジェームズ修一(なかの ジェームズ しゅういち)さん スポーツモチベーションCLUB100技術責任者/PTI認定プロフェッショナルフィジカルトレーナー
中野ジェームズ修一(なかの ジェームズ しゅういち)さん フィジカルを強化することで競技力向上やけが予防、ロコモ・生活習慣病対策などを実現する「フィジカルトレーナー」の第一人者。元卓球選手の福原愛さんやバドミントンのフジカキペア、プロランナーの神野大地選手など、多くのアスリートから絶大な支持を得る。2014年からは青山学院大学駅伝チームのフィジカル強化指導も担当。早くからモチベーションの大切さに着目し、日本では数少ないメンタルとフィジカルの両面を指導できるトレーナーとしても活躍。東京・神楽坂の会員制パーソナルトレーニング施設「CLUB 100」の技術責任者を務める。『世界一伸びるストレッチ』『世界一効く体幹トレーニング』(サンマーク出版)、『青トレ 青学駅伝チームのコアトレーニング&ストレッチ』(徳間書店)、『医師に「運動しなさい」と言われたら最初に読む本』(日経BP)などベストセラー多数。

先頭へ

前へ

4/4 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 第3波を乗り切るためのコロナ対策NEW

    新型コロナウイルスの新規感染者が再び急増し、日本は今、流行の第3波を迎えている。今後さらに気温と湿度が下がると、ウイルスの生存により適した条件が整うようになる。これ以上の流行拡大を防ぐためには、1人1人が感染予防策を改めて見直し、感染リスクの高い行動を避けて生活することが不可欠だ。第3波を乗り切るためのコロナ対策を、もう一度まとめた。

  • 寝たきり予備軍「フレイル」を防ぐためにできること

    老化を防ぎ、健康寿命を延ばすためには、加齢により心身が衰えた状態である「フレイル」の予防が必要になる。フレイルは、健康な状態と要介護状態の中間に当たるが、これを避けるために特に重要なのが「筋肉量の維持」だ。筋肉量が減少すると、足腰が弱くなって寝たきりにつながるだけでなく、認知症や心疾患のリスクが上がることも分かってきた。筋肉量を維持し、フレイルを防ぐために何をすればよいだろうか。

  • 「ウォーキング」「ジョギング」 大きな健康効果を得るための小さなコツ

    ウォーキングやジョギングなどの「有酸素運動」には、「コロナ太り」の解消や、生活習慣病の予防、免疫力アップなどが期待できる。ただし、漫然と歩くだけでは運動効果は低いし、かといって本格的なジョギングは運動初心者にはハードルが高い。そこで運動効果の上がる歩き方と、初心者でもできる走り方のコツを紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.