日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 中野ジェームズ修一のカラダお悩み解消講座  > 「宅配ピザ」は健康に良い? 悪い?  > 3ページ目
印刷

中野ジェームズ修一のカラダお悩み解消講座

「宅配ピザ」は健康に良い? 悪い?

第7回 トレーナーからの意外な回答は…

 中野ジェームズ修一

脂質のとり過ぎには注意!

 そもそも、宅配ピザが「不健康」だと思われる理由は何でしょう?

 一番の問題は、先ほどの表にあるように、チーズなどに含まれる脂質の多さです。また、脂質が多いだけでなく、「狂った油」などの異名を持つトランス脂肪酸(*1)が含まれるのではないか、と心配する人もいます。実際、厚生労働省による調査(*2)でも、ピザやハンバーガーはトランス脂肪酸含有量が多い傾向があると報告されています。

*1 トランス脂肪酸とは脂質の構成成分である脂肪酸の一種。天然由来の肉や乳製品に含まれるのはわずかで、主に植物油からマーガリンやショートニングを製造する工程などで生じる。
*2 http://www.fsc.go.jp/sonota/trans_fat/iinkai422_trans-sibosan_hyoka.pdf

 さまざまな研究から、トランス脂肪酸の摂取量が多いと、血液中の悪玉コレステロールが増加しやすくなり、心血管系疾患のリスクを高めてしまうことが明らかになっています。

 そのため、WHO (世界保健機関)では、トランス脂肪酸の摂取を、総エネルギー摂取量の1%未満に抑えるよう勧告しています。

 食品中のトランス脂肪酸含有量は世界的に減少傾向にありますが、ジャンクフードを食べる機会が多いアメリカでは、毎日の食事からトランス脂肪酸をとる機会が多いので、商品にその含有量を記載することが義務づけられ、「許容量」がきちんと決められています。

 一方、日本の厚生労働省は、トランス脂肪酸の摂取許容量を決めていません。それは、日本人がトランス脂肪酸のリスクに無頓着だからというより、健康を害するほどの量をとっていないからです。

 厚生労働省が発表するデータによると、日本人のトランス脂肪酸の摂取量の平均値は、総エネルギー摂取量の0.3%です(*3)。

*3 厚生労働省「トランス脂肪酸に関するQ&A」より。

 さすがに、アメリカ人のように、週に何度もジャンクフードを食べたり、油をとりすぎる食生活を送っていれば問題があるかもしれません。ですが、米に味噌汁、そしておかずという日本の一般的な食生活を送っている人が、ピザを月に一度、あるいは2週間に一度食べるくらいなら、健康への影響は少ないと考えられます。

サイドメニューで栄養を補えばバッチリ!

 ただし、栄養バランスから見ると、ピザだけ食べて終わり、では心配かもしれません。

 ピザに含まれる主な栄養素は、炭水化物(小麦粉)、一部のビタミン類(トマトソースやトッピングの野菜)、たんぱく質(チーズ、肉、魚)、カルシウム(チーズ)です。逆に足りないものに、食物繊維、鉄分、ビタミンB群とビタミンCなどが挙げられます。

 ですから、宅配ピザのほかに、サイドメニューでこれらを補えばOKなのです。しかも、「宅配ピザを頼むことに罪悪感がある」のなら、少し手間をかけて1品だけ作るというのはいかがでしょうか?

 そこで、栄養士の方にお願いして、ピザの栄養を補うサイドメニューとして、「きのことワカメのオートミールスープ」を考案してもらいました。オートミールは食物繊維たっぷりで、ビタミンB群や鉄分などが豊富なのでお勧めです。

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 脳を衰えさせる悪い習慣、活性化する良い習慣NEW

    「もの忘れがひどくなった」「単語がスッと出てこない」「集中力が落ちてきた」……。加齢とともに脳の衰えを実感する人は多いだろう。「このままだと、早く認知症になるのでは?」という心配が頭をよぎることもあるだろうが、脳の機能は加齢とともにただ落ちていく一方なのだろうか。どうすれば年齢を重ねても健康な脳を維持できるのか。脳に関する興味深い事実や、健康な脳を維持するための生活習慣について、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 怖い病気を招く「中性脂肪」を食事・運動で徹底対策!

    健康診断でもおなじみの項目である「中性脂肪」。血液中の中性脂肪が150mg/dLを超えると、脂質異常症の1つ、「高中性脂肪血症(高トリグリセライド血症)」と見なされる。血管の老化を防ぎ、心筋梗塞や脳梗塞を遠ざけるためにも、中性脂肪が上がるのを避けなければならない。そこで、今回はやっかいな中性脂肪の正体や、食事や運動でできる鉄板の対策法を一挙紹介していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.