日経Gooday TOP  > からだケア  > 中野ジェームズ修一のカラダお悩み解消講座  > なぜ腰痛で病院に行っても「様子を見ましょう」と言われることが多い?  > 2ページ目

中野ジェームズ修一のカラダお悩み解消講座

なぜ腰痛で病院に行っても「様子を見ましょう」と言われることが多い?

第6回 治療がなく湿布を渡されるだけだと不安になるが

 中野ジェームズ修一

「ヘルニア」があるからといって治療が必要とは限らない

 腰痛で病院に駆け込んでも、特段治療はせず「様子を見ましょう」と言われることが実際に多いですよね。何か治療を期待していたのに、湿布を渡されるだけで拍子抜けした、と感じる人は多いようです。

 相談者の方は「ヘルニアがありますね」とMRIの結果を見て言われたのですから、なぜ治療しないのかと疑問に思ったかもしれませんが、医師がそのように診断したのには、きちんとした理由があるはずです。

 椎間板ヘルニアとは、背骨の骨(椎骨)と骨との間でクッションの役割を果たしている軟骨(椎間板)が変性し、組織の一部が飛び出すことをいいます。このとき、飛び出した椎間板の一部が、付近にある神経を圧迫すると、腰や足に激しい痛みやしびれなどの症状が起きることもあります。

椎間板ヘルニアでは、椎骨と椎骨の間にある軟骨(椎間板)の組織が飛び出し、神経を圧迫する。(c) Iryna Timonina-123RF
[画像のクリックで拡大表示]

 実は、椎間板ヘルニアの9割は自然に治るといわれています。飛び出した椎間板が、白血球の一種であるマクロファージに食べられたりして、時間が経つと消えてしまうからです。湿布を貼って様子を見ているうちに痛みが消えることも、実際に多いのです。

 「様子を見ましょう」と言われるのは、そのためだと思います。椎間板ヘルニアが原因でしびれや麻痺、排尿障害などがある場合は、手術が必要になることもあるそうです。

ストレスがあると痛みを感じる仕組み

 厚生労働省の推計によると、腰痛を抱えている日本人は2800万人。ところが、医師の診察やMRIなどの画像検査で腰痛の原因が特定できるのは、わずか15%だといわれています。残りの85%は、原因を厳密には特定できない「非特異的腰痛」なのです

 原因が特定できるケースでは、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、重篤な脊柱の病変などが挙げられます。

 原因が特定できない85%のケースでも、ひょっとして、より精密な検査を行えば原因が分かることもあるかもしれません。ただ、多くの場合、原因が厳密に分からなくても、時間が経てば自然と痛みが消えていくので、やはり「様子を見ましょう」と言われるのです。

 なぜ原因不明の場合でも時間が経つと痛みが消えるのかというと、腰痛には「ストレス」が関係していることが多いからです。

 腰痛にストレスが関係することは、さまざまな論文によって明らかになっています。福島県立医科大学の研究では、ストレスが高まることによって脳の血流量が減り、前脳にある「側坐核」という部位の働きが低下すると、腰に痛みを感じやすくなるということが分かりました。

腰痛
キーワード一覧へ

\ 質問募集中! /

中野ジェームズ修一さんに相談したい「お悩み」を募集します!

このコーナーで中野さんに相談したいカラダに関する「お悩み」を、以下からご応募ください。(質問募集期間:2020年10月15日~11月29日)

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.