日経Gooday TOP  > からだケア  > 中野ジェームズ修一のカラダお悩み解消講座  > なぜ腰痛で病院に行っても「様子を見ましょう」と言われることが多い?

中野ジェームズ修一のカラダお悩み解消講座

なぜ腰痛で病院に行っても「様子を見ましょう」と言われることが多い?

第6回 治療がなく湿布を渡されるだけだと不安になるが

 中野ジェームズ修一

カラダについてのお悩み、ありませんか? 体調がいまいちよくない、運動で病気を予防したい、スポーツのパフォーマンスを上げたい…。そんなお悩みを、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんが解決します! 今回は、腰が痛いのを治してほしくて整形外科に行ったのに、「様子を見ましょう」と言われて湿布を渡されたという方のお悩みです。

腰が痛くて整形外科を受診したのに「様子を見ましょう」と言われたことはないだろうか?(c)Olga Yastremska-123RF

今月のお悩み 腰が痛くて病院に来たのに、治療はしないの?

 40代、会社員。腰痛持ちの男性です。

 腰に痛みを感じるようになったのは30代からでしょうか。ときどき強い痛みを発症するので、湿布を貼ったりマッサージに行ったりしていました。

 この春に昇進し、部を取りまとめるポジションに着いたところ、コロナ禍の影響を受けて仕事がさらに忙しくなり、連日のように残業続きです。

 外回りからデスクワークとなったため、ほぼ1日中、座りっぱなしで仕事をしています。そのせいか、腰に強い痛みを感じるようになりました。

 最初はだるい、重い、という感覚でしたが、そのうちギシギシときしむような感じになり、「このままではぎっくり腰になるのでは」と戦々恐々としていました。

 緊急事態宣言が解除されるのを待って病院の整形外科へ行ってみたところ、MRI(核磁気共鳴画像法)の画像を見ながら、医師に「ヘルニアがあります」と言われました。

 そうか、ヘルニアが原因だったのか、と思ったのですが、医師は「いったん様子を見て、痛みがひどくなるようなら、また治療の方法を考えましょう」と言って、湿布を出してくれただけで終わりでした。

 正直、拍子抜けしてしまいました。これでいいのでしょうか?

 同じく腰痛持ちの同僚に聞いてみたところ、病院に行っても「様子を見ましょう」と湿布を渡されるだけのことは多いそうです。

 ただ、MRIでヘルニアが見つかったのだから、ヘルニアの治療はしなくていいのか、と腑に落ちません。他の病院でセカンドオピニオンを受けたほうがいいでしょうか?

 とりあえず湿布を貼り、インターネットで調べて見つけた“腰痛体操”を自主的に続けています。

1/3 page

最後へ

次へ

腰痛
キーワード一覧へ

\ 質問募集中! /

中野ジェームズ修一さんに相談したい「お悩み」を募集します!

このコーナーで中野さんに相談したいカラダに関する「お悩み」を、以下からご応募ください。(質問募集期間:2020年10月15日~11月29日)

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.