日経Gooday TOP  > からだケア  > 中野ジェームズ修一のカラダお悩み解消講座  > 牛乳パックを落としそうになるのは握力の衰えではない  > 2ページ目

中野ジェームズ修一のカラダお悩み解消講座

牛乳パックを落としそうになるのは握力の衰えではない

第4回 体の内部の目である「固有覚」の衰えに注意

 中野ジェームズ修一

筋力の衰えではなく、「固有覚」の衰え

 冷蔵庫から牛乳パックを取り出すときに落としそうになったり、落としてしまったりしたことは、誰にでもあるでしょう。そういうことが続くと、「握力が衰えたのでは」と不安になるかもしれません。

 物を落としやすくなっただけでなく、公園でお子さんと遊ぶときに、体が思うように動かなかった、とのこと。ただ、これらは単純に、筋力が衰えたり、年のせいで体力が落ちたから、とはいえないと思います。

 牛乳パックを落としてしまった人でも、それを買い物袋に入れて持つのは楽勝ですよね。スーパーに買い物に行ったら、もっと重いものを持って帰ってくることもあります。つまり、筋力は十分にあるのです。

 トレーニングの現場でも、ダンベルを渡すと、クライアントが落としてしまったり、うまくつかめなかったり、ということがあります。これも、筋力が不足しているからではありません。

 これらは、専門的な言葉でいうと「固有覚」が衰えていることの表れです。固有覚とは、トレーニングやリハビリテーションの分野で使われる言葉で、「固有受容感覚」や「深部感覚」ともいいます。

 固有覚は、下図のように大きく4つに分けられます。

「体の内部の目」である固有覚は大きく4つ
[画像のクリックで拡大表示]

 人間の五感として、触覚や味覚は、皮膚や舌などの表面にあるセンサーが感じ取り、脳に信号を送ります。一方、固有覚は、関節や筋、腱など体の内部にあるセンサーが感じ取り、体の位置や運動の状態についての情報を脳に送ります。そのため、深部感覚ともいわれ、いわば「体の内部の目」なのです。

 人間は、さまざまな動作を行うとき、固有覚からの情報を脳で整理し、それをもとに筋肉に指令を出しています。もし、位置覚が鈍っていたら、手や脚や頭などの位置が把握しきれず、ドアに手を挟んだり、家具に足をぶつけたりしてしまいます。また、運動覚が衰えると、道で人とすれ違うときに、よけたつもりがぶつかったりしてしまいます。

 そして、人間は年を取ると、さまざまな機能が低下していきますが、固有覚も例外ではありません。早い人では、40代の後半から衰えが見え始めるのです。

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.