日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 中野ジェームズ修一のカラダお悩み解消講座  > テレワークはスポーツだ! トレーナーが説く準備運動の効果  > 2ページ目
印刷

中野ジェームズ修一のカラダお悩み解消講座

テレワークはスポーツだ! トレーナーが説く準備運動の効果

第15回 みんなで行えばメンタル面のケアも一石二鳥!

 中野ジェームズ修一

 アスリートは練習や試合の前に、ウォーミングアップ(準備運動)を行います。ウォーミングアップはその名のとおり、体温を上げてスポーツを行うのに適した状態を作るための運動です。筋肉は温度が低いと粘性が高くなり、うまく伸び縮みしません。筋肉の温度を上げることで、筋肉の粘性が低下し、体が動きやすくなります。

 また、ウォーミングアップの際に関節を動かすことで、関節包から滑液が出て、関節がスムーズに動き始めます。こうして筋肉と関節の準備が整うと、アスリートはパフォーマンスを発揮できるようになり、ケガの予防にもつながります。

 ウォーミングアップに適した運動は「動的ストレッチ」です。これは、腕や脚をダイナミックに動かしながら行うストレッチで、おなじみの「ラジオ体操」や、サッカー界で昔から行われていた「ブラジル体操」が代表的。スポーツ選手が練習前に行う軽いジョギングも、位置づけとしては動的ストレッチと同じです。

 恐らく、ストレッチと聞いて多くの方が思い浮かべるのは、「静的ストレッチ」のほうでしょう。こちらは、1つ1つの筋肉をゆっくりと伸ばし、静止した状態をキープするストレッチ。筋肉をゆるめ、体の柔軟性を保つものです。

 静的ストレッチでは、筋肉の温度を上げたり、関節をしっかり動かしたりはできないので、ウォーミングアップには向きません。逆に静的ストレッチは、酷使した筋肉をほぐしてくれるので、運動後のほうが適しています。

 会社に出勤していたときは、この「出勤」が自然とウォーミングアップの役割を果たしていました。電車通勤をしている人は、歩いたり、階段を上り下りしたりしますよね。それが、会社でデスクワークする準備運動になっていたのです。

 また、ランチを食べに外に出たり、客先に出向いたり、社内でミーティングのために移動することもあり、テレワークのときより格段に体を動かす機会がありました。

「バランスボール」を使った運動がベスト!

 さて、スポーツは競技や種目によって動きが異なります。そのため、ウォーミングアップで行う動的ストレッチも、競技の特性に合わせた内容と順番で行います。

 長時間のデスクワークというスポーツに適した動的ストレッチとは、いったい何でしょうか。デスクワークでは、先ほども述べたように、姿勢が固定された状態で筋肉の緊張が続くので、筋肉の伸長・収縮が行われず、血液の循環が悪くなったり、体の一部に負担がかかったりすることで、痛みが現れます。

バランスボールを使った準備運動がベスト(写真はイメージ=123RF)
バランスボールを使った準備運動がベスト(写真はイメージ=123RF)

 テレワークの準備運動としてベストなのは、バランスボールを使ったウォーミングアップです。仕事の前にバランスボールに座り、腰を大きく回したり、前後左右に動かしたりして、腰椎の周りの筋肉をしっかりほぐします。

 すると、血液の循環が良くなり、腰が楽になったように感じられるでしょう。続けて、同じく筋肉が固定されやすい肩や肩甲骨回りなどを動かす動的ストレッチを行うとなおよしです。

 また、バランスボールがなければ、全身の動的ストレッチであるラジオ体操でもいいでしょう。腰や肩の回りがほぐれ、気分もスッキリします。

 朝だけでなく、昼の休憩の後などにもちょこちょこと動的ストレッチを行えば、テレワークによる腰痛や肩こりなどの不調を予防できるはずです。

ストレッチ
キーワード一覧へ
日経グッデイ初割春割キャンペーン2022

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 放置すると命を脅かす「高血圧」 140未満でも油断禁物

    収縮期血圧(上の血圧)が基準値の140より低くても130以上であれば「高値血圧」と言い、生活改善が望まれる。そこで本記事では、なぜ血圧を下げる必要があるのかや、手軽で効果的な「血圧リセット術」について紹介する。今年こそ、高血圧を改善しよう。

  • 健康長寿の生命線! 放置は禁物 「腎臓」の異常値

    生命維持に欠かせないさまざまな機能を担っている腎臓は、よほど悪くならない限り悲鳴を上げない「沈黙の臓器」でもある。本記事では、大切な腎機能が失われる前に、異常値にどう対処すればいいか、腎臓を守るためにはどのような生活習慣に気を付けていけばいいかについて解説する。

  • 加齢で進む胃の不調 機能性ディスペプシアと逆流性食道炎の原因と対策

    加齢により胃の機能が衰えると、さまざまな不調が起きる。ピロリ菌の除菌が進んで胃がんや胃潰瘍が減ってきた今、胃の病気の主役は、胃もたれや胃痛の症状を招く「機能性ディスペプシア」と、胸やけやげっぷが起きる「逆流性食道炎」の2つに移行しつつある。なぜ機能性ディスペプシアと逆流性食道炎は起きるのか、どのような治療が必要なのか、セルフケアで改善・予防できるのか。このテーマ別特集では、胃の不調の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設 日経Gooday初割キャンペーン2022

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.