日経Gooday TOP  > 医療・予防  > Dr.石岡の「こんなときは眼科へ行こう!」  > 市販の目薬を上手に使う3つのポイント  > 2ページ目

Dr.石岡の「こんなときは眼科へ行こう!」

市販の目薬を上手に使う3つのポイント

第8回 処方薬が店頭で買えるようになった「スイッチOTC」にも注目

 石岡みさき=みさき眼科クリニック院長

ドライアイ用の処方薬の一部が薬局で買えるように

 「目の疲れ」は、近視や遠視、乱視、老眼がある、メガネやコンタクトレンズが合っていないなど、見え方の問題が原因のことが多いので、点眼だけでは解決しないこともあります。もし、シアノコバラミン(処方薬での商品名:サンコバ、ソフティアほか)やネオスチグミン(処方薬での商品名:ミオピン、マイピリン)で調子が良くなる人であれば、この2つの成分が入っている市販薬として、「ソフトサンティア ひとみストレッチ」という目薬があります。処方薬と同じ濃度が入っていて防腐剤フリーなので、使いやすいと思います。


続きは「日経Gooday会員(無料)」、
「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方がご利用いただけます。

日経IDがあれば簡単30秒

この記事の概要

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.