日経Gooday TOP  > 医療・予防  > Dr.石岡の「こんなときは眼科へ行こう!」  > コロナ流行時の眼科受診、どんな場合は「不要不急」?  > 2ページ目

Dr.石岡の「こんなときは眼科へ行こう!」

コロナ流行時の眼科受診、どんな場合は「不要不急」?

第7回 ポイントは「急に見えなくなった」かどうか

 石岡みさき=みさき眼科クリニック院長

いつも見えているものが見えない、それは緊急事態

 いつも見えているものが見えない、それは緊急事態です。原因が何にせよ、眼科で診察を受ける必要があります。まばたきをしたら見えるようになった、ちょっと休んだら元に戻った、遠くか近くかどちらかは見えている、眼鏡をかければ見える、ということであれば緊急性はありません。しかし、突然に見えなくなってしまったときは、すぐにでも受診する必要があります(治療できないこともあるのですが…)。


続きは「日経Gooday会員(無料)」、
「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方がご利用いただけます。

日経IDがあれば簡単30秒

この記事の概要

新型コロナ
キーワード一覧へ
新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.