日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > いつまでも歩けるための健足術  > 「水虫」なりやすいのはこんな人 予防と治療のマニュアル  > 5ページ

いつまでも歩けるための健足術

「水虫」なりやすいのはこんな人 予防と治療のマニュアル

第4回 加齢とともに増える水虫 タイプ見極め、早めに治そう

糖尿病との関係感染の温床から、悪化へ

 前述したが、糖尿病と水虫の危険な関係は覚えておきたい。

 「糖尿病で神経障害があったりすると、水虫に感染してもかゆみを感じません。糖尿病の人が水虫を放置していると、水虫によって破壊された皮膚のバリアから細菌が侵入して、真皮や脂肪などの皮下組織に感染を起こしてしまいます」(久道理事長)。


続きは「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方のみ、
ご利用いただけます。

この記事の概要

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.