日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > がんになっても働きたい

MEDICAL CARE がんになっても働きたい

がんになっている人の3人に1人が働く世代(15~64歳)といわれる。しかし、告知された患者が離職したり、企業などが対応に困惑し、うまく就労支援できなかったりすることは少なくない。がんは治療の進歩から「不治の病」ではなく、治ったり、長く付き合ったりする病気に変わってきている。患者にとって、罹患した後も働き続けることは、収入だけでなく、生きる喜びにつながる。そこで、働くがん患者やがんになった社員の就労を支援する企業、がん患者の就労を支援する病院、NPOなどを取材。治療と仕事を両立して生きるためのヒントを探っていく。

有料会員になると、鍵つき記事鍵つき記事が全て読める
&医療専門家に電話相談や名医紹介も!

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.