日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > がんになっても働きたい  > がん治療で住宅ローン返済厳しい… 「看護師FP」が対策を助言  > 2ページ目
印刷

がんになっても働きたい

がん治療で住宅ローン返済厳しい… 「看護師FP」が対策を助言

看護師・ファイナンシャルプランナー 黒田ちはるさん(下)

 福島恵美=ライター

 親が余命宣告をされていて、子どもがまだ小さいというケースもありました。この場合は、お金の準備よりも夫婦で子どもの教育方針を話し合うことから始めてみてはと伝えました。子どもが大きくなる頃に、もしかしたらお母さんが1人で育てているという可能性もあります。 そのときに、「お父さんはあなたの教育をこんなふうに考えていたのよ」と伝えられることは、家族全員にとって大切なことです。ですので、まずは夫婦で教育方針を話し合いながら、今まで準備している学資保険や貯蓄、遺族年金の試算や将来的に利用できる可能性のある奨学金など教育費についても考えていくといいでしょう。

60歳以降は社会保険の加入状況の確認を

続いて、60代前半でがんになった嘱託職員Bさんのケースです。Bさんが家計を考えるポイントを教えてください。

事例2
63歳男性で妻と2人暮らし。定年退職して嘱託職員になったが、抗がん剤治療のため休職中。傷病手当金の受給があと3カ月で終わる。年金受給の65歳まで、どう収入を確保すればいいか。65歳まで住宅ローンが残っている。

 まず、60歳以降の方は、社会保険の加入状況によって、使える選択肢が変わってきます(下図)。

60~65歳未満の働き方と社会保障制度の選択肢
出典「がんになったら知っておきたいお金の話 看護師FPが授ける家計、制度、就労の知恵」より 特定非営利活動法人がんと暮らしを考える会 石田修平、近藤明美、賢見卓也(2017)

 Bさんは傷病手当金が使えましたが、社会保険に入っていない方は、傷病手当金は利用できません。また65歳までの方が、病気などで障害を負った場合に年金が支給される障害年金(*3)にも関係してきます。

 60~65歳までの間には、選択肢の一つに年金の繰り上げ受給があります。しかし、繰り上げは基本的にお勧めしていません。なぜなら、繰り上げる期間に応じて減額調整されるため、 もともと受給できるはずだった年金額に比べると減るためです。ですので病状や生活設計なども含めて総合的に判断されることをお勧めします。「社会保障制度の選択肢」(上図) チャートで選択肢を整理し、悩む場合は社会保険労務士に相談されるといいでしょう。

*3 加入している年金保険により、障害基礎年金(国民年金)、障害厚生年金(厚生年金)に分かれる。人工肛門の造設、咽頭部摘出を受けた人などで受給できる可能性がある。手続きは、障害基礎年金は市町村役場の国民年金の窓口、障害厚生年金なら職場の年金事務所へ。
がん
キーワード一覧へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.