日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > がんになっても働きたい  > がんになったらお金どうすればいいの? 「看護師FP」が指南
印刷

がんになっても働きたい

がんになったらお金どうすればいいの? 「看護師FP」が指南

看護師・ファイナンシャルプランナー 黒田ちはるさん(上)

 福島恵美=ライター

 仕事をしている世代ががんになると、通院や入院などで働く日数が減ったり、休職したりして収入が減ることが少なくない。医療費もかかる中、どのように家計を切り盛りすれば、安心して暮らせるのだろうか。

 自身もがんになったライター、福島恵美が、がんになっても希望を持って働き続けるためのヒントを探るシリーズ。「がんになったら知っておきたいお金の話」(日経メディカル開発)の著者で、ファイナンシャルプランナー(FP)の資格を持つ元看護師の黒田ちはるさんに、がんになったときのお金の悩みについて解決策を伺った。

写真はイメージ=(c)Elvira Koneva-123RF

がん患者の家計相談を行う「看護師FP」

黒田さんは「看護師FP」と名乗っておられます。看護師FPとは、どのような役割を持つ人のことでしょうか。

 「看護師FP」は、看護師の経験を生かしたFPとして、がん患者さんの家計相談を行っているという位置付けで使っています。10年間、看護師として医療現場で患者さんのケアに携わり、その経験を生かしたFPとして患者さんやそのご家族の家計相談に応じています。

実際に、どのように相談に乗っておられるのですか。

黒田ちはるさん(写真:千田敏之)

 NPO法人がんと暮らしを考える会(*1)の相談員として、病院での相談事業に携わったり、個人で個別相談を行ったりしています。

 病院の相談会では、利用できる公的な制度の確認や、治療費を捻出するための生命保険や住宅ローンの手続きのポイントをお伝えしています。

 事務所で行う個別相談ではさらに一歩踏み込んで、試算し検証したうえで、悩みの解決の糸口を探します。銀行や不動産会社などとのやりとりの仕方もアドバイスしています。例えば、患者さんが銀行で住宅ローンの返済の相談をしても、「銀行員の話す内容が難しくて、よく分からない」ということがあります。

 一方で銀行員は医療者ではないので、患者さんのつらさを理解しづらいというのも当然のことです。そのようなときに、治療の見通しと働き方による収入・支出の予測により、住宅ローンの返済条件変更を希望していることを数字で銀行員へ伝えられるよう、試算のサポートと説明の仕方をアドバイスしています。

そもそも看護師として働いておられた黒田さんが、なぜFPになられたのですか。

 私が担当していたがん患者さんは、がんのことだけでなく、生活やお金のことで悩みを持つ方が多かったんです。看護師として患者さんが使える社会的な制度はある程度、説明できますが、それだけでは解決できない壁を感じて。ある末期がんの患者さんには行きたい所や、やりたいことがあったのですが、そのためにはお金が必要でした。

 最期を迎えるまでに、やりたいことをさせてあげたいけれど、看護師としては個人的なお金のことに、どこまで踏み込んでいいのか分からないし、まして当時は経済的な知識はありませんでした。そこで、お金の専門家であるFPの資格を取得して個人事務所を開業し、がん患者さんの家計のサポートに専念することにしたのです。

*1 がんと暮らしを考える会は、「がんに罹患(りかん)することで生じる、社会的な苦痛(特に経済的な苦痛)を緩和することにより、がん患者とその家族が安心して暮らすための支援体制を構築することを目指す」NPO。

1/2 page

最後へ

次へ

がん
キーワード一覧へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.