日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > がんになっても働きたい  > 働き盛りで精巣腫瘍に…「このつらさを乗り越えられたらどんな仕事もできる」
印刷

がんになっても働きたい

働き盛りで精巣腫瘍に…「このつらさを乗り越えられたらどんな仕事もできる」

精巣腫瘍患者友の会代表 改發厚さん(上)

 福島恵美=ライター

ある日、がんになったら、今まで続けてきた仕事はどうすべきか――。今、がん患者の3人に1人が働く世代(15~64歳)といわれている。しかし、告知された患者が慌てて離職したり、雇用する企業が患者の対応に困惑し、うまく就労支援できなかったりすることが少なくない。自身もがんになったライター・福島恵美が、がんと診断されても希望を持って働き続けるためのヒントを、患者らに聞いていく。

「精巣腫瘍患者友の会J-TAG(ジェイ・タッグ)」の代表を務める改發厚さん

 今回登場するのは、20~40代の男性が多くかかる精巣腫瘍の患者会「精巣腫瘍患者友の会J-TAG(ジェイ・タッグ)」の代表を務める、会社員の改發(かいはつ)厚さん。難治性精巣腫瘍になってからの闘病生活や仕事について聞いた。

難治性精巣腫瘍で1年半の入院生活

精巣腫瘍はあまり聞きなれない名前のがんですが、改發さんはどのような経緯でがんと診断されたのですか。

 2人の子どもがいて家族4人で暮らしていた2004年、お風呂に入っていて左側の睾丸(精巣)の腫れに気付きました。32歳のときです。ただ、痛くなかったから、放ったらかしにしていたんです。2カ月ほどたっても腫れは引かず、卵大からミカン大くらいにまで大きくなって、これはまずいと思って近くの病院へ。CT検査でほぼがんと分かったのですが、腫瘍を取る手術をしてから確認することになり、術後、精巣腫瘍と診断されました。

 腹部などのリンパ節にも転移があったので、精巣腫瘍の導入化学療法(すべての治療の最初に行う抗がん剤治療)における標準治療(*1)として、BEP(ブレオマイシン・エトポシド・シスプラチン)療法という3種類の抗がん剤を組み合わせる治療を4クール(当時は1クール28日)しました。精巣腫瘍は転移があっても、BEP療法で約8割が治るといわれています(*2)。この抗がん剤治療でリンパ節の腫瘍が小さくなり、それを手術で取り除きました。ところが肺にがんが多発転移していることが分かり、「うちでは手に負えないから、大学病院で治療してください」と転院を勧められたのです。標準治療で効果がなかったので、難治性精巣腫瘍(*3)となりました。

 大学病院ではさらに抗がん剤治療を2クールした後、通常の抗がん剤の5倍の量を投与する救済化学療法を受けました。高かった腫瘍マーカー(*4)が陰性化し、後は、肺に残った腫瘍を取り除いたら治療は終わるはずだったのですが……。しばらくしてから、再び腫瘍マーカーの数値が上がってしまいました。マーカーの値が正常にならないと、手術はできないのです。

 主治医からは「治る見込みはあまりないです」と。けれど、治療をやめてしまえば死んでしまう。治らないのに治療するむなしさを抱えながら、試験的に他の抗がん剤を試しました。すると効く薬が出てきて、マーカーの値が正常になり肺の手術ができたんです。2005年9月に寛解(*5)し、ほぼ入院していた1年半の治療生活が終わりました。

吐き気の副作用があってもおいしいものを励みに治療

入院生活がほぼ1年半とは長期間でしたね。抗がん剤治療による副作用はありましたか。

 最初の抗がん剤治療のときから吐き気が強く、吐いてばかりでした。抗がん剤を投与してから5日間は食べられないし、体重が10kgぐらい減るんです。標準治療の後にした大量の抗がん剤治療のときは、さらに強い吐き気があって、最初のころの副作用は何だったんだろう、と思うぐらいつらかった。このつらさを乗り越えられたら、どんな仕事でもこなせると思いましたね。

*1 科学的根拠に基づいた視点で、現在利用できる最良の治療とされ、ある状態の一般的な患者に、使われることが勧められている治療
*2 精巣腫瘍の治療成績(国立がん研究センターがん情報サービス
*3 化学療法を実施しないと完治が期待できない転移のある精巣腫瘍
*4 がんの種類によっては、そのがんに特徴的な物質を産生するものがある。そうした物質のうち、血液などの体液中で測定可能なものを腫瘍マーカーと呼ぶ
*5 がんが一時的、あるいは永続的に縮小、または消えてなくなっている状態のこと。寛解してもがん細胞が再び増え始めることもある

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 睡眠不足は肥満や生活習慣病のリスクを高める

    近年、睡眠不足が積み重なる「睡眠負債」の怖さが取り上げられるようになり、睡眠の大切さがクローズアップされている。実際、睡眠不足や質の低下が、疲れや集中力の低下につながることを実感したことがある人も多いだろう。しかし、問題はそれだけではない。睡眠不足や質が低下すると“太りやすくなる”。さらに、高血圧、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病のリスクも高まることも分かっている。そこで本特集では、睡眠と生活習慣病の関係から、実践的な睡眠改善法までを一挙に紹介する。

  • 女性の「尿漏れ」「頻尿」には骨盤底筋トレーニングが効く!

    トイレに行く回数が多い、くしゃみをすると少し漏らしてしまう、突然尿意に襲われて我慢できない…。女性の尿の悩みは、「頻尿」や「尿漏れ(尿失禁)」が多いのが特徴だ。これらを改善するにはどうすればいいのだろうか?

  • 男性も無関係ではない骨粗鬆症、飲酒・喫煙・高血糖はリスク

    骨がスカスカになってもろくなり、骨折の危険性が増すのが「骨粗鬆症」だ。急速な高齢化に伴って患者数が増えており、日本骨粗鬆症学会などによると、日本における患者数は現在1300万人と推定されている。骨粗鬆症というと女性のイメージがあるが、男性の患者数は300万人と見られている。本特集では、骨粗鬆症が起きる仕組みから、気をつけたい生活習慣、そして骨を強くするための対策までを一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.