日経Gooday TOP  > 医療・予防  > がんになっても働きたい  > がん患者に寄り添う 「職場復帰」を運動でサポート

がんになっても働きたい

がん患者に寄り添う 「職場復帰」を運動でサポート

ルネサンス運動支援センター(下)

 福島恵美=ライター

 がんになった人が元気に仕事をするためには、体力の回復や体の不調の改善は重要だ。以前の記事で「どんな『がん』でもリハビリが大事だった! 体の機能低下を防ぐ」でがんのリハビリテーションの大切さをお伝えしたが、大阪にあるルネサンス運動支援センターでは、大阪国際がんセンター認定がん専門運動指導士が、運動を通じてがん患者の職場復帰やQOL(生活の質)の改善を支えている。

 自身もがんになったライター、福島恵美が、がんになっても希望を持って働き続けるためのヒントを探るシリーズ。前編「がん治療後の不調を改善 支えるのは専門運動指導士」では、ルネサンス運動支援センターの責任者、沖本大さんにがん患者の体をサポートする取り組みを伺った。後編では、運動支援センターを利用して職場復帰した乳がん患者Tさんと、担当指導員の金田知彦さんに実際の支援内容を伺った。

がん治療後の不調の改善や筋力・体力をつけるために

高校教員をされているTさん(40代女性)は乳がんの通院治療中で、現在、ルネサンス運動支援センターで個別指導を受けられていると聞きました。まず、運動支援センターに入会されたきっかけを教えてください。

Tさん 私は2021年4月に、検診で右胸に乳がんがあることが分かりました。かかりつけ医から大阪国際がんセンターを紹介してもらい、その年の夏に入院して手術を受けました。私の場合は手術と同時に、背中の組織を用いて乳房の再建をしているので、背中の突っ張りや肩の痛み、右指の動きづらさ、握力低下などの症状が出たのです。入院中はリハビリテーションを受けていましたが、退院後は「運動してくださいね」と言われるくらいで、具体的にどのように運動していいのか分かりませんでした。がんセンターに診察で来たときに、同じ敷地にある運動支援センターが気になり、パンフレットを見て問い合わせました。がんの知識を持つ専門のスタッフがいらっしゃるということで、体の困り事を相談できるかなと思い1回体験から始め、21年8月に入会しました。

具体的には、どのような運動支援を受けられているのですか。

Tさん 最初に体の状態や体力、握力などを確認してもらい、突っ張っていた背中を動かしたり、指の運動をしたり、筋力・体力をつけるなどの運動プログラムを作ってもらいました。トレーニングが始まる前に担当の金田さんが「体の調子はどうですか」と毎回聞いてくださったり、前回からの体の変化もきちんと見ていただけたりするのでとても安心です。体調はその日その日で変わるので、体の状態に合わせて運動内容、運動量を調整してくださるのがいいなと思っています。トレーニングの最後には家で簡単にできるストレッチを教わり、お風呂上がりなどに体を伸ばしています。運動支援センターには入会当初から現在まで、月に平均6回のペースで通っています。

 ルネサンス運動支援センターでのトレーニングのイメージ(写真はTさんではありません)=ルネサンス運動支援センター提供
ルネサンス運動支援センターでのトレーニングのイメージ(写真はTさんではありません)=ルネサンス運動支援センター提供

1/2 page

最後へ

次へ

がん
キーワード一覧へ
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.