日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > がんになっても働きたい  > がん患者に寄り添う 「職場復帰」を運動でサポート  > 2ページ目
印刷

がんになっても働きたい

がん患者に寄り添う 「職場復帰」を運動でサポート

ルネサンス運動支援センター(下)

 福島恵美=ライター

運動開始から1カ月でこわばっていた背中が動くように

運動することでの体の変化は、いつ頃から感じ始めましたか。

Tさん 運動を始めて1カ月たったくらいで、こわばっていた背中の筋肉や皮膚が動くようになりました。当初はまるで背中が一枚板みたいな状態で、動かすことも怖くて…。運動していくうちに硬くなっていた背中の皮膚が軟らかくなっていったので、回数をこなすことが大事だと思いました。体には日々、いろいろな変化が起き、一つのことがよくなると、今度は違うところに痛みが出たりするので、そこを改善するように指導してもらっています。

金田さん Tさんはトレーニング開始から1カ月くらいで、だいぶ体の状態がよくなってきました。ただ、一つの不調が改善されるとできることが増えて、新たな不調が出てきたりします。例えば、退院すると生活環境は病院から家の中に変わりますし、職場復帰すれば家から職場へと行動範囲も広がることで、新しい不調や痛みが起きやすくなるのです。その原因を一つひとつ聞いて見つけ、改善できるように運動支援しています。

 がんの場合は診断されてから怒涛(どとう)の勢いで治療が始まり、気持ちの整理がつかないまま退院することになりがちです。そのため、頭では運動しなければいけないと分かっていても体が不調だったり、気持ちが乗らなかったりすることが起こりやすいです。僕たちはそのつらい気持ちを受け止め、寄り添いながら二人三脚で運動支援することを心がけています。

運動する患者さんの担当指導員は、変わらないということですね。

金田さん 担当指導員の出勤状況で一時的に代行することはありますが、基本的に担当者は同じです。設定した目標を達成して「卒業」まで見させていただきます。一定期間で運動を終える方だけでなく、ずっと継続する方が安心ということで2019年の開業時から現在まで通っている方もいらっしゃいます。

Tさんが目標にされているゴールは何でしょうか。

Tさん 私は手術後に休職していましたが、22年1月から時短勤務で職場復帰しています。背中のこわばりが解消されて以降、姿勢がよくなり、体も動きやすくなってきました。まだ右手の指に力が入らなかったり、腕が上げづらかったりするなどの課題はありますが、しっかりとフルタイムで働くことをゴールに運動を続けたいです。今は時短勤務なのでラッシュ時間に通勤するわけではないですが、それでも通勤やパソコン作業など、何をするのにも体力が必要だと感じます。当初、職場復帰は4月になると考えていたので、予定より早く復帰できたのは運動支援センターでの運動の効果かなと思っています。

できることが増えるのが運動継続のモチベーションに

がんの治療と仕事の両立について、職場は理解を示されていますか。

Tさん 職場には、以前にがんになったり、難病を抱えたりしている教員がいるので、がんを治療しながら働くことへの理解はあります。手の指に力が入らないのでパワーポイントなどICTの力を借り、板書の量を減らして授業していますが「大変なことがあったら手伝うからね」「必要な時は休んでいいよ」と言われます。一緒に働いている人たちの理解があるので、時短勤務でも気兼ねせずに安心して働けています。私は幸い正社員で雇用され、福利厚生面でも恵まれているので術後は休職できましたが、通院中の乳がん患者さんの中には制度がなくてパートを休めず、しんどくても仕事に行かなければいけないという方もいらっしゃいました。今、正規、非正規の働き方が問題になっていますが、病気になったときの制度がきちんと整っていることは大切だと思います。

Tさんは職場復帰を果たし、今も運動を続けておられます。継続して頑張れるモチベーションになっているものは何でしょうか。

Tさん 私には妹がいて彼女に2人の息子がいます。体力があり余っている元気なおいっ子2人と、今までと同じように一緒に遊びたいという思いや、一時期は体がつらくてできなかった飼い犬の朝夕の散歩を、毎日きちんと行けるようになったことですね。運動することで体が動くようになり、元の生活に戻りつつあることを感じられるのが、継続のモチベーションになっています。私は料理が好きで、最初は包丁をうまく握ることもできませんでしたが、少しずつ握れるようにもなりました。小さなことですが、がんになってできなかったことが、運動によって少しずつできるようになるのを実感しています。

金田知彦(かねだ ともひこ)さん
ルネサンス運動支援センター指導員。大阪国際がんセンター認定がん専門運動指導士。柔道整復師。鍼灸(しんきゅう)師。メンタル心理カウンセラー。上級心理カウンセラー。トレーニング系の資格NSCA-CSCS、NSCA-CPTを持つ
金田知彦(かねだ ともひこ)さん スポーツクラブや病院、介護施設、鍼灸整骨院で整形疾患・脳神経疾患など様々な疾患を持つ人をサポート。医療系短期大学やトレーナー育成機関の講師として運動指導者、治療家、医療・介護従事者の育成に携わる。ルネサンス運動支援センターの立ち上げに参画。がんやがん治療による副作用で悩む多くのがんサバイバーの心身の不調の改善・解消を、運動によってサポートしている。

先頭へ

前へ

2/2 page

がん
キーワード一覧へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 脳を衰えさせる悪い習慣、活性化する良い習慣

    「もの忘れがひどくなった」「単語がスッと出てこない」「集中力が落ちてきた」……。加齢とともに脳の衰えを実感する人は多いだろう。「このままだと、早く認知症になるのでは?」という心配が頭をよぎることもあるだろうが、脳の機能は加齢とともにただ落ちていく一方なのだろうか。どうすれば年齢を重ねても健康な脳を維持できるのか。脳に関する興味深い事実や、健康な脳を維持するための生活習慣について、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 怖い病気を招く「中性脂肪」を食事・運動で徹底対策!

    健康診断でもおなじみの項目である「中性脂肪」。血液中の中性脂肪が150mg/dLを超えると、脂質異常症の1つ、「高中性脂肪血症(高トリグリセライド血症)」と見なされる。血管の老化を防ぎ、心筋梗塞や脳梗塞を遠ざけるためにも、中性脂肪が上がるのを避けなければならない。そこで、今回はやっかいな中性脂肪の正体や、食事や運動でできる鉄板の対策法を一挙紹介していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.