日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > がんになっても働きたい  > 社員のがん検診率向上 カギは会社からの手紙の送り先
印刷

がんになっても働きたい

社員のがん検診率向上 カギは会社からの手紙の送り先

日立システムズ(下)

 福島恵美=ライター

 働く世代ががんにかかったとき、仕事をどうするかは大きな問題だ。治療のための入院日数は少なくなり、外来で通院しながら治療するケースが増えてきている。治療と仕事の両立がうまくできれば、患者は社会とのつながりを感じられ、働きがいや生きがいを得られる。そのためには、職場におけるがん患者への理解が欠かせない。

 自身もがんになったライター、福島恵美が、がんになっても希望を持って働き続けられるヒントを探るシリーズ。前編「社員のがん、制度なくても支援 相談しやすい環境づくりから」では日立システムズのがんと就労の両立支援体制について紹介した。後編では同社のがんの予防や早期発見のための取り組みについて、人事総務本部の今村隆さんと保健師・川崎和子さんに聞いた。

写真はイメージ=(c) racorn-123RF

がん検診の受診率が向上

日立システムズでは2018年に全従業員の自宅宛てに、会社の健康に関する取り組みについての手紙を郵送されたそうですね。メールでもよさそうですが、わざわざ自宅に送ったのは何か理由がありますか。

今村 従業員だけでなくご家族にも見てほしい、という思いでご自宅に送りました。乳がんや胃がんなどのがん検診は、オプションとして本人だけでなくご家族も健康保険組合から補助金が出るんです。当社はがんに限らず、従業員の健康に対する主体的な行動を支援する「健康経営」や、働き方改革、ダイバーシティーを進める活動を展開していて、それらの取り組みの案内なども同封しました。

家族宛てのレター

社内のがん検診の受診率は、がんの治療と仕事の両立支援が始まった2017年ごろの前と後では変わっていますか。

今村 そうですね。2016年度の数字と比べると、18年度の検診受診率は乳がん62.0%、胃がん86.9%、大腸がん87.6%など、ほぼ上がっています(図)。がん検診の中には2年に1度を奨励するものもあるので、毎年受けていない人もいるかと思います。

入社時にピロリ菌や肝炎ウイルスの検査を実施

川崎 従業員の中にはがんが進行して見つかり、長期療養に入って残念ながら復帰が難しくご退職される方もいます。ただ、そのようにならないためにも、早期発見・早期治療に努めていただきたいですし、万が一、がんになってもサポートできる体制が会社にあります。

 さらに、当社はがんの予防にも力を入れています。2018年度からは新入社員の入社時に実施する健康診断で、ピロリ菌の検査を始めました。もともと社内の胃がん検診の受診率は高いのですが、この検査でピロリ菌の陰性が確認できたり、陽性であっても除菌したりすることで、将来、胃がんになるリスクが減っていくのではないかと考えます。2019年度からは、肝臓がんの主な原因である肝炎ウイルスの検査も、同じく入社時健診に取り入れています。

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 60代以降で急増! 男を悩ませる前立腺の病気

    中高年にさしかかった男性にとって、病気が心配になる臓器の1つが「前立腺」だ。前立腺の病気のツートップ、前立腺肥大症と前立腺がんは、いずれも中高年になると急増する。前立腺肥大症は夜間頻尿などの尿トラブルの原因になり、前立腺がんは、進行が遅くおとなしいがんと思われているが、骨に転移しやすいという特徴があり、怖い一面もある。今回のテーマ別特集では、前立腺の病気の症状から、具体的な治療法までを紹介していこう。

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.