日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > がんになっても働きたい  > 予定通りがんになった医師 「仕事は辞めなくていい」
印刷

がんになっても働きたい

予定通りがんになった医師 「仕事は辞めなくていい」

放射線腫瘍医 唐澤久美子さん(上)

 福島恵美=ライター

ある日、がんになったら、今まで続けてきた仕事はどうすべきか――。今、がん患者の3人に1人が働く世代(15~64歳)といわれている。しかし、告知された患者が慌てて離職したり、雇用する企業が患者の対応に困惑し、うまく就労支援できなかったりすることが少なくない。自身もがんになったライター・福島恵美が、がんと診断されても希望を持って働き続けるためのヒントを、患者らに聞いていく。第3回は、放射線腫瘍医で2017年に乳がんになった東京女子医科大学教授の唐澤久美子さんに、がんについて思うことやがんの三大治療の1つ、放射線治療について伺った。

放射線腫瘍医で2017年に乳がんになった東京女子医科大学教授の唐澤久美子さん

乳がんになったのは「予定通り」!?

唐澤さんは、どのようにして乳がんが見つかったのですか。

 定期的に自分で触診をしていましたが、その頃しばらく触っていなくて、久しぶりにお風呂で触診をしてしこりに気付きました。その日のうちに勤めている大学病院の乳腺の医師に連絡し、翌日、生検をしてもらい、乳がんと診断されたのです。うちの家系はがんになっている人が多く、私もたぶん乳がんになるだろうと思っていたから、言ってみれば「予定通り」。58歳でがんになるのは、家族の中では遅いほうです。

 乳がんのタイプにより主治医から、手術前の抗がん剤治療を勧められました。私は乳腺専門医でもありますし、乳がんの治療のことはよく分かっていますので、手術前の抗がん剤治療を選択しました。もともと薬に弱い体質で、抗がん剤治療が予定通りできるか心配していたのですが、案の定、薬疹(*1)や下痢、白血球減少による憩室炎(*2)などの副作用が強く出て入院することに。このままでは医師としての務めが果たせないと考え、標準治療(*3)の薬物療法は途中でやめて、乳房温存手術を受けました。

 乳房温存手術は、がんの中では比較的簡単な手術で、入院したのは水曜から土曜の4日間。外来診療を1日休みましたが、翌週の月曜から外来診療し、その日は依頼された講演会の予定も入っていたので夕方から講演しました。手術で切っているから傷口はしばらく痛みます。でも、仕事の支障にはなりませんでした。

 その後、自分で放射線治療計画を立てて放射線治療をし、現在は抗がん剤とホルモン剤を服用しています。放射線治療中も普通に仕事ができ、日ごろから自分の患者さんに言っていた通り、放射線治療は大したことはなかったです。

 もちろん放射線治療に限らず、手術も抗がん剤治療も、がんの治療には副作用があります。放射線治療なら照射する部位や範囲、放射線の種類などによって色々な副作用が出ますが、その症状や程度は様々です。私の場合は照射した部位の一時的な軽度の皮膚炎、発汗低下と皮脂欠乏程度です。

2人に1人がなるがんは普通の病気

がんを経験する前と後で、変わったことはありますか。

 何も変わらないですね。強いて言えば、自分ががん患者になったことで患者さんに気兼ねがなくなったことでしょうか。患者さんの中には心身がつらくて、「先生は患者の気持ちが分からないでしょ」と言われる方がありましたからね。その言葉は言わせませんよって(笑)。

 今は2人に1人ががんになります。だから私はがんを特別な病気だと思わないし、そのように思ってほしくありません。「どうして私ががんになるんですか」「うちの家系にがんになった人はいないのに」とおっしゃる方がありますが、今はがんになるのは普通のことです。がんになって治るのも普通のこと。「がんは治らない病気」という根拠のない思い込みも、やめてもらいたいですね。

 昔、結核は不治の病といわれ、「なったら死んでしまう」という時代がありました。それと同じことです。何十年かたてば、がんを恐れていたことなど、皆、忘れてしまうでしょう。「がんなのにマラソンを走った」「がんなのに仕事を続けている」とがんを特別視して、あたかもすごいことのように、マスコミに取り上げられるのは嫌ですね。がんになっても仕事をするのは、当たり前のことですから。

仕事は辞めなくてもいいと医療者は伝えるべき

インタビュアーである私自身、がんを経験していますが、私の場合、一人暮らしの独身なので、がんになってライターの仕事を辞めるという考えはまったくありませんでした。ただ、まだ多くの人が「がんになると治らないのではないか。働けないのではないか」と思っているように感じます。

*1 薬物を投与したことが原因で生じる発疹
*2 胃や腸などの臓器の壁面が拡張してできた袋状の出っ張り「憩室(けいしつ)」に、炎症が起こった状態
*3 科学的根拠に基づいた視点で、現在利用できる最良の治療とされ、ある状態の一般的な患者に、使われることが勧められている治療

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.