日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > ストレス解消のルール  > 肌が乾燥してかゆい時、やってはダメな4つの「し過ぎ」  > 2ページ
印刷

ストレス解消のルール

肌が乾燥してかゆい時、やってはダメな4つの「し過ぎ」

「かき過ぎ」「洗い過ぎ」「こすり過ぎ」「(保湿の)しなさ過ぎ」はNG

 結城未来=健康ジャーナリスト

 どうやら「かゆみ」には、かくことで更なるかゆみを呼び込む負のサイクルリスクがあるようだ。「乾燥」から始まる「かゆみ」を侮ってはいけない。

暖房機器や入浴方法に気をつけて

――江藤副院長「エアコン、ホットカーペット、ストーブ、コタツを使用することによる肌の乾燥にも注意が必要です。乾燥を感じたら、加湿器を活用することも考えた方がよいでしょうね」

 どれも冬の必須アイテムだ。寒くなると、熱い湯も恋しくなる。

――江藤副院長「入浴時も注意が必要ですよ。結城さんはどういう入浴法ですか?」

 私の場合、夏にはシャワーで済ませることも少なくないが、冬は熱めの湯をためて入浴する。汚れをしっかりと落とすためにナイロンタオルで体中をこすり上げてサッパリするのも好きだ。特に膝やかかとがカサつきがちなので、しっかりとこすって汚れを落とすように心がけている。

――江藤副院長「それはダメですね。ゴシゴシ洗いは日本人の美徳のように思われていて、洗い過ぎの人が少なくありません。洗濯でも皿洗いでも油汚れがよく落ちるのは熱いお湯ですよね!? 同じように、お湯では皮膚の大事な脂も溶けてしまいます。皮脂膜が溶けた皮膚はワックスのはげた車のように、ダメージを受けやすい状態。繊細になっている皮膚を強くこするように洗ったり洗浄力の強い洗浄剤を使ったりすると角層が削られ、顆粒層にある皮膚バリアも簡単に壊されて乾燥が進み、かゆみがひどくなります」

 私の場合、特に膝の乾燥が気になってはいたが、まさか入浴の仕方がカサカサ肌の大きな原因になっていたとは驚きだ。

 では、どうすればいいのだろうか?

写真はイメージ=(c) liza5450-123RF

――江藤副院長「薄い皮膚バリアを壊さないように洗浄剤を泡立てて、泡だけを肌の上にのせ、なでるように優しく洗ってください。泡の力だけで十分に汚れは落ちます。せっけんの成分を残さないように、しっかりとすすぐことも忘れずに。それから、入浴後も注意が必要です」

 タオルでしっかりと水気を拭きとるだけではいけないのだろうか?

――江藤副院長「ゴシゴシと肌をこすると、皮膚バリアを壊すことになります。肌を押さえるように水滴をとってください。さらにその後も大切ですよ」

 水気を拭きとったら、火照った体を鎮めてゆっくりとしたいという人も少なくないだろう。

――江藤副院長「乾燥やかゆみが気になるなら、急いで保湿ケアをすることが大切です。入浴中に肌を洗うことで、皮膚の表面をワックスのように覆っている皮脂膜はかなり落ちてしまいます。皮脂膜が再び分泌されるまでには時間がかかるため、入浴後そのままにしておくと皮膚から水分が急速に失われてしまうのです。特に冬場はお部屋が乾燥しているので要注意。余分な水分を軽く吸いとったら、すぐにクリームなどの保湿剤で乾燥を防いでください」

入浴後、10分以内にたっぷりの保湿剤を

写真はイメージ=(c) Torwai Suebsri -123RF

 「すぐ」というのは、どれくらいの時間だろうか?

――江藤副院長「それほど猶予はありませんよ。入浴後約20分で皮膚の水分は蒸発して入浴前よりも乾燥してしまいます。10分以内には保湿剤を塗って皮膚にフタをして乾燥を防いでください」

 乾燥とかゆみを防ぐには、入浴直後も気が抜けないようだ。手を洗う際はどうだろう? 特に冬になると私の手はかさついて、時にはかゆみを生じることもある。

――江藤副院長「1日何回も水に触る『手』こそ、あれやすいですね。手のひらには毛がないので皮脂もありません。その分、丈夫にできてはいますが保護する膜がありませんから、いったんあれるとドンドン悪化してしまいます。水に触れた直後は保湿剤でケアしていただきたいですね。結城さんのように手あれが気になるなら、なおさらです」

 ハンドクリームを塗るようにはしているが、それでも冬には乾燥しがちだ。さらっとした乳液タイプでは物足りないのだろうか?

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 熱中症・かくれ脱水を防ぐ「水分補給」「マスク着用」のコツ

    脱水症やその一歩手前の「かくれ脱水」とはどういうもので、なぜ様々な病気につながるのか、脱水症はどんな人がなりやすく、どう予防すればいいのか。夏の今こそ知っておきたい、脱水症の怖さと対策について紹介する。さらに、夏期におけるマスク着用の注意点についても解説する。

  • かかると怖い!「膵炎」「膵がん」

    激痛に襲われる「急性膵炎」や、発見しにくく5年生存率が極めて低い「膵がん」など、膵臓の病気には厄介なものが多い。今回は、膵臓という臓器の役割や、膵臓の代表的な病気である「膵炎」「膵がん」の怖さ、早期発見のコツをまとめていく。

  • 60代以降で急増! 男を悩ませる前立腺の病気

    中高年にさしかかった男性にとって、病気が心配になる臓器の1つが「前立腺」だ。前立腺の病気のツートップ、前立腺肥大症と前立腺がんは、いずれも中高年になると急増する。前立腺肥大症は夜間頻尿などの尿トラブルの原因になり、前立腺がんは、進行が遅くおとなしいがんと思われているが、骨に転移しやすいという特徴があり、怖い一面もある。今回のテーマ別特集では、前立腺の病気の症状から、具体的な治療法までを紹介していこう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.