日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > ストレス解消のルール  > 肌が乾燥してかゆい時、やってはダメな4つの「し過ぎ」
印刷

ストレス解消のルール

肌が乾燥してかゆい時、やってはダメな4つの「し過ぎ」

「かき過ぎ」「洗い過ぎ」「こすり過ぎ」「(保湿の)しなさ過ぎ」はNG

 結城未来=健康ジャーナリスト

写真はイメージ=(c) Kaspars Grinvalds-123RF

 まずは、こちらを見ていただこう。

皮膚にかゆみを感じたら、かきまくる

入浴時に体をゴシゴシとこすってしっかりと洗いたい

手も体も洗浄力の強い洗浄剤でサッパリと洗うのが好きだ

入浴後、手洗い後はしっかりと水気を拭きとって乾かすことが大切だ

手があれた時に塗るクリームはベタつかないように薄く塗るようにしている


 いったん「かゆみループ」にはまってしまうと、日中の集中力や夜の睡眠にも大きな影を落とす。負の連鎖を断ち切り、「かゆみストレス」から解放されるには、毎日の行動を見直すことが大事なようだ。自身も「乾きとかゆみ」に悩む健康ジャーナリストの結城未来が、東京逓信病院客員部長でもある、あたご皮フ科の江藤隆史副院長に「かゆみストレス」から抜け出す策を教わった。

 これは、乾燥による「かゆみストレスNGルール」だ。一つでも思い当たるものがあれば、すぐにでも改めることが、寒い季節の肌の乾燥とかゆみを止める近道だ。

 たかが「かゆみ」と思うことなかれ。ともするとかゆみは、かくことで次のかゆみを呼び込み、炎症を起こしてさらに強いかゆみへと増大する「負のスパイラル」を招く。

◇     ◇     ◇

 先日、大切な会議に出席した時のこと。皆が考え込む沈黙の時間に、急に響きわたるポリポリ音。1人が首をかき出したのだ。それはすぐに終わったが、続くようにそのお隣さんも指を動かして肌をかき始めた。気づいた私も、体がムズムズしてきた。どうやら、かゆみは伝染するようだ。

――江藤副院長「肌をかくしぐさが伝染する話はよく話題に上ります。他の季節に比べて特に冬はかゆみを感じやすい時期ですから、なおさら他人のしぐさを見てかきたい気持ちになるのでしょうね」

皮膚のバリア機能が壊れると、刺激に敏感に

 特に寒くなる季節に体の「かゆみ」を感じがちなのはなぜだろうか?

――江藤副院長「気温が低下すると、体温を逃がさないように血管が収縮。皮膚表面の血流が低下するので、皮脂や汗の分泌も低下して皮膚は乾燥してしまいます。乾燥が進むと、皮膚のバリア機能が壊れて刺激に敏感になり、かゆみを感じやすくなるのです」

 「皮膚バリア」とはどういうものだろうか?

――江藤副院長「大きく言うと、皮膚の表面を覆う表皮と皮脂膜が皮膚バリアにあたります。なかでも角層の下にある顆粒(かりゅう)層と皮膚表面の皮脂膜がバリアとして重要な役割を担っていて、これが細菌やアレルゲンなどの外からの刺激をブロック。中から水分が蒸発するのを防ぐフタとして肌の潤いを保ってくれる役割があります」

江藤副院長への取材を基に編集部で作成(イラスト 平井さくら)
[画像のクリックで拡大表示]

 つまり、こういうことらしい。皮膚は、角層、顆粒層などからなる「表皮」と、「真皮」「皮下組織」の三層構造になっている。表皮の上の皮膚表面にある皮脂膜は、外部からの異物の侵入を妨げるワックスの役割を担う。さらに、表皮の中の顆粒層の細胞の一部が極めて重要なバリア構造といわれ、そのわずか0.02mm、食品用ラップ2枚ほどの薄さの顆粒層の一部が、皮脂膜とともに肌の健康を守る「皮膚バリア」として重要な役割を担っているのだ。

――江藤副院長「そうですね。車で例えれば、皮脂膜は油の膜ですから『ワックス』。顆粒層は金網のようなしっかりしたバリアですので、鉄板をサビから守る『塗装』にあたります。この塗装が極めて大切なのです。なかでも、顆粒層に多く含まれる『フィラグリン』と呼ばれる成分が重要で、異常があるとアトピーを引き起こしやすくなります。この大切な顆粒層のバリアを守っているのが皮脂膜ともいえます。スキンケアは、皮脂膜を補って顆粒層のバリアを守るという意味で、とても大切なのです」

 かゆみとの関係はどうだろうか?

――江藤副院長「皮膚バリアが弱いと、外部からさまざまな異物が侵入してかゆみを引き起こします。いわば、『かゆみ』は『バリアが壊れて異物が侵入していますから注意して!』という体からの信号なのでしょうね」

 かゆみを感じて肌をかき始めると、たいてい同じところをかき続けてしまう。かくいう私も手加減なしにかき過ぎた腕が真っ赤にはれあがり、周囲に驚かれることが少なくない。

――江藤副院長「爪でかきむしって顆粒層を含む皮膚バリアを壊してしまうと、本来は表皮と真皮の境界部までしか伸びていないかゆみを感じる神経が『細胞が壊されたぞ!』というシグナルを受けて、表皮内の角層のそばまで伸びてくるので知覚が過敏になり、かゆみが強くなるのです。壊れたバリアから細菌やアレルゲンが侵入することでもかゆみの神経は刺激されます。異物を払いのけようと無意識にかきむしることで、ますますバリアを壊して炎症やかゆみを悪化させてしまうのです」

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 熱中症・かくれ脱水を防ぐ「水分補給」「マスク着用」のコツ

    脱水症やその一歩手前の「かくれ脱水」とはどういうもので、なぜ様々な病気につながるのか、脱水症はどんな人がなりやすく、どう予防すればいいのか。夏の今こそ知っておきたい、脱水症の怖さと対策について紹介する。さらに、夏期におけるマスク着用の注意点についても解説する。

  • かかると怖い!「膵炎」「膵がん」

    激痛に襲われる「急性膵炎」や、発見しにくく5年生存率が極めて低い「膵がん」など、膵臓の病気には厄介なものが多い。今回は、膵臓という臓器の役割や、膵臓の代表的な病気である「膵炎」「膵がん」の怖さ、早期発見のコツをまとめていく。

  • 60代以降で急増! 男を悩ませる前立腺の病気

    中高年にさしかかった男性にとって、病気が心配になる臓器の1つが「前立腺」だ。前立腺の病気のツートップ、前立腺肥大症と前立腺がんは、いずれも中高年になると急増する。前立腺肥大症は夜間頻尿などの尿トラブルの原因になり、前立腺がんは、進行が遅くおとなしいがんと思われているが、骨に転移しやすいという特徴があり、怖い一面もある。今回のテーマ別特集では、前立腺の病気の症状から、具体的な治療法までを紹介していこう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.