日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > ストレス解消のルール  > 「風邪は抗生物質で治る」は間違い 薬の効かない体になることも?  > 2ページ目
印刷

ストレス解消のルール

「風邪は抗生物質で治る」は間違い 薬の効かない体になることも?

抗生物質信仰NGルール

 結城未来=健康ジャーナリスト

ウイルスと細菌の違い

ウイルス
大きさは0.0001ミリメートル(0.1μm)程度(小さいものだと、ノロウイルスが0.04μm)。細菌の約10分の1~100分の1。自分では細胞を持たず、内部に遺伝子を持っただけの単純構造の微生物。他の細胞に入り込んで生存する。単独では増殖できないが、一度細胞に入りこむと、自分のコピーを増やして細胞を破裂させては他の細胞に侵入する。繰り返しコピーを作って増殖していく。新型コロナウイルス、インフルエンザ、風邪、ノロウイルス、風疹などがある。
細菌
大きさは0.001ミリメートル(1μm)程度。細胞を持ち、自己複製能力を持つ微生物。納豆菌や乳酸菌など体内で役立つ菌、人体の皮膚や腸内に住みついて環境を保つ菌まで種類は豊富。病気を起こす細菌には、大腸菌、サルモネラ菌、黄色ブドウ球菌、結核菌などがある。

 抗生物質をムダに使うと体内でクスリが効かない細菌が増える。

薬剤耐性菌は薬が効かないようにバリアを作るという
薬剤耐性菌は薬が効かないようにバリアを作るという

――迎教授「風邪のシーズンになると、『風邪を引いたから抗生物質が欲しい』と訴える患者さんに、私も出会うことが少なくありません。怖いのは、こういう誤った薬の飲用で体内に『薬剤耐性菌』が増えてしまうということです」

 抗生物質が効かない、あるいは効きにくくなった細菌が「薬剤耐性菌」だ。本来、体内ではさまざまな菌がバランスをとりながら生活をしている。ところが、抗生物質を乱用してしまうと体に必要な菌まで死んでしまい、生存のために変異し薬が効かなくなる薬剤耐性菌が増加。つまり「薬の効きにくい体」になってしまうのだ。すると、細菌による感染症治療はもちろん、手術などでの感染予防を困難にするなど、さまざまなリスクを招くことになるのだという。

「必要なときにだけ使う」ことが大事

――迎教授「今は、『抗生物質を無駄に使うな』という時代。世界中で深刻な問題になっていて、国を挙げて警告をアピールしています」

 2019年4月、国連は抗生物質が効きにくい薬剤耐性菌が世界的に増加し危機的状況にあるとして各国へ対策勧告。実際、日本でも2017年に国内で「薬剤耐性菌」によって8000人以上が死亡したとの推計もある(国立国際医療研究センター病院プレスリリース

「抗生物質は風邪に効果がある」という誤解をしている人は多いようだ。写真はイメージ=(c)Vadim Guzhva-123RF
「抗生物質は風邪に効果がある」という誤解をしている人は多いようだ。写真はイメージ=(c)Vadim Guzhva-123RF

――迎教授「ひとつの薬が効かなくなったので別の薬を開発しても、これもまた効かなくなり……と、医療界での耐性菌対策はイタチごっこ状態。菌が近くの菌に情報を与えて耐性菌が広がることもあります。いつの間にか体内に『耐性菌』が存在してしまったために、初めての感染治療で使ったことのない抗生物質でも効かないという困ったケースが出てきているのです」

 国立国際医療研究センター病院「抗菌薬意識調査レポート2020」によると、「『抗菌薬・抗生物質はウイルスをやっつける』は間違いである」の正解者は18.1%。「『抗菌薬・抗生物質は風邪に効果がある』かどうか」についての回答も、正解が25.3%、間違えた回答が34.3%と正解を上回った。

――迎教授「本当に必要なときに抗生物質を効かせるためには、必要なときにだけ使うことがとても大切。まずは正しい知識を持っていただきたいですね」

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 加齢で進む胃の不調 機能性ディスペプシアと逆流性食道炎の原因と対策

    加齢により胃の機能が衰えると、さまざまな不調が起きる。ピロリ菌の除菌が進んで胃がんや胃潰瘍が減ってきた今、胃の病気の主役は、胃もたれや胃痛の症状を招く「機能性ディスペプシア」と、胸やけやげっぷが起きる「逆流性食道炎」の2つに移行しつつある。なぜ機能性ディスペプシアと逆流性食道炎は起きるのか、どのような治療が必要なのか、セルフケアで改善・予防できるのか。このテーマ別特集では、胃の不調の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.