日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > ストレス解消のルール  > 周囲の目が気になる「せき」 止めるのNG、姿勢を変えると軽減も
印刷

ストレス解消のルール

周囲の目が気になる「せき」 止めるのNG、姿勢を変えると軽減も

せきストレス解消のルール

 結城未来=健康ジャーナリスト

 かつて、これほどまで「せき」におびえ、抑えることに神経を使ってストレスを感じることはなかったのではないだろうか? ひとたび電車の中で「せき」をすれば、周りからは白い目で見られてしまう。新型コロナ、インフルエンザ、風邪などの感染症はもちろんだが、これからの季節は乾燥やホコリなどの刺激によっても「せき」はつきまとう。

 そこで、健康ジャーナリスト結城未来が「せきストレス」解消のために、呼吸器の専門医・長崎大学大学院の迎寛教授に「せき」の正体を探った。

だんだんと寒くなり、「せき」の季節になってきた。周りは気になるが、カラダのためには必要? 写真はイメージ=(c)Leung Cho Pan-123RF
だんだんと寒くなり、「せき」の季節になってきた。周りは気になるが、カラダのためには必要? 写真はイメージ=(c)Leung Cho Pan-123RF

 だんだんと寒くなるにつれて、「せき」音を聞く機会が増えた。かくいう私も、急に「せき」こむことがある。

 人の多い場所では、マスクをしていても腕や袖で口をふさいだり、慌てて人のいないほうを向いたりする。せきを止めようとツバを飲み込んだり口を押さえたりなどして苦労することも少なくない。せきを簡単に止める方法はないのだろうか。

――迎教授「危険な質問ですね。最初に申し上げておきますが、『せき』は止めてはいけないものですよ」

 これはいきなりのカウンターパンチだ。今や「せき」は感染症のイメージが強い。「せき」が無いことが良いと思いがちだ。

「せき」には異物を排出する大事な役割があった

――迎教授「もちろん、『せき』は無い方がいいですよ。ただ、むやみに止めてはいけません。『せき』は、人の健康を維持するために必要な反応ですから」

 どうやら、『せき』のメカニズムはこうなっているらしい。

 人間は酸素を吸って二酸化炭素を吐き出して生きている。空気中に含まれるのは酸素だけではない。ホコリや粉じん、ウイルス、花粉、大気汚染などの有害物質も少なくない。『空気を吸う』ということは、異物を絶えず体内に入れることにもつながるのだ。

 「ただ、人間の体は素晴らしく、常に外界と接している体内の重要な臓器『肺』を守るために、異物を排出する『せき』という行為があるのです」(迎教授)

 「気道」は、口や鼻から肺へ通じる「空気の通り道」だ。気道に異物が入りこむと、気道にあるセンサーが感知。脳の「せき中枢」に伝わって、呼吸を行う筋肉に「せき」の指令が送られることになる。

 また、異物の多くは気道壁から分泌された粘液に絡み取られる。これを気道壁の線毛が往復運動を繰り返すことで喉へと押し上げ、せきで一気に「たん」として排出するのだ。

――迎教授「『せき』は肺内に侵入した異物や肺内で産生されたものを外に出そうとする防御反応なのです。それだけに大切なことは、なぜ『せき』が出ているのかをきちんと調べることです」

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    中年にもなると、お腹がぽっこり出てくるのが気になる人も多い。特に薄着の季節になると、お腹が出ているのが気になり、何とか短期間で凹ませたいと思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、効率よくお腹を凹ませるために知っておきたい「内臓脂肪」の落とし方と、トレーニングのコツ、そしてお腹を凹ませる「ドローイン」のやり方について解説しよう。

  • 脳を衰えさせる悪い習慣、活性化する良い習慣

    「もの忘れがひどくなった」「単語がスッと出てこない」「集中力が落ちてきた」……。加齢とともに脳の衰えを実感する人は多いだろう。「このままだと、早く認知症になるのでは?」という心配が頭をよぎることもあるだろうが、脳の機能は加齢とともにただ落ちていく一方なのだろうか。どうすれば年齢を重ねても健康な脳を維持できるのか。脳に関する興味深い事実や、健康な脳を維持するための生活習慣について、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.