日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > ストレス解消のルール  > 髪が濡れているとき摩擦はNG、頭臭の原因に  > 3ページ目
印刷

ストレス解消のルール

髪が濡れているとき摩擦はNG、頭臭の原因に

ストレス解消のルール(3)

 結城未来=健康ジャーナリスト

(1)

髪が濡れている状態では、髪全体に大ざっぱに温風を当てる

(2)

同じ位置に温風を当て続けるのはNG。髪や地肌が熱くならないようにドライヤーをコマメに動かそう。

(3)

髪の内側を乾かす際には、根元から5~6センチ離れた場所を狙って温風を当てれば、効率よく乾かせる。髪がそれほど長くない場合も、根元と毛先を外して乾かそう。

(4)

7~8分目まで乾かしたら、温風から送風に切り替えて仕上げの乾燥に入れば、髪が傷みにくい

根元や毛先を外して乾かすと効率が良い。写真はイメージ=(c)Boris-Ryaposov-123RF
[画像のクリックで拡大表示]

 特に(3)には驚いた。正直、ドライヤーを使うとしても、毛髪の根元を乾かすことが大切なのだと思いこんでいたからだ。

――小野さん「根元と毛先は外して乾かしてください。根元と毛先に温風を当てると、そこだけしか乾きませんから。髪の長い人なら、根元から5~6センチ離れたところを狙って熱を当てれば、毛髪はもちろん、根元も毛先も同時に効率よく乾かすことができるんです。根元や毛先の乾燥し過ぎも防げます」

 この要領で7~8分目ほど温風で乾かしてから温度を落として送風にすれば、髪がある程度温まっているので風だけでも乾きやすく、必要以上に乾かし過ぎて髪を傷めることもないという。

 早速、トライ。驚くことに、本当に「根元と毛先はずし+送風仕上げの乾かし方」は効率が良い。ものの1分でほぼ乾いた。ツヤ感のあるきれいなサロン風仕上がりで大満足だ。これなら五味院長が指摘していた、髪が傷んで頭臭リスクを高めるような事態も防げそうだ。

――五味院長「髪が傷むと臭いは付着しやすくなります。そうなるとブラッシングだけでは臭いはとれず、洗髪でしかとれない。臭いをとろうと洗髪をし過ぎて今度は頭皮の臭いを招く…といったように、毛髪の傷みから頭臭スパイラルに陥る人も大勢います。頭臭を防ぐには、まずは髪の乾かし方から気を付けて髪を傷めないことが大切です」

 キューティクルをいたわる生活をすることは、頭臭予防になるばかりかツヤ感のある美しい髪も実現する。人と会う際に最初に視界に飛び込むのが、髪と顔だ。男女を問わずパサパサで元気のない髪は、その人の印象を下げる。視覚面、嗅覚面ともに好感度を上げるためにも、「髪の乾かし方」にも気を使おう!…と、自分自身に言い聞かせた(苦笑)

頭臭スパイラルに陥らないための「髪の乾かし方」5つのルール
(1)髪の毛は「頭のガラス」。傷つけないようにしよう
⇒髪の毛を傷めるほど、臭い分子が吸着しやすくなり、髪のツヤも損なわれる。傷めないようにすることが、悪臭対策と美髪対策につながる。
(2)髪の毛が濡れているときには、摩擦はNG
⇒髪を乾かす前に髪をタオルで包むように挟み、摩擦を起こさないように押すことで水分を吸い取ろう。
(3)ドライヤーの温風は同じ位置にとどめないように当てる
⇒髪や地肌が熱くならないようにドライヤーをこまめに動かそう。
(4)髪の毛が乾きかけたら、熱はNG。送風で乾かす
⇒乾いた髪は熱に弱い。熱風で傷めないように、7~8分目まで乾かしたら送風に切り替えよう。
(5)髪の毛を効率よく乾かすコツは「根元から5~6センチを狙って乾かす」こと
⇒根元と毛先に直接温風を当てると、そこしか乾かず効率が悪いので避けよう。根元と毛先の間、髪の毛が長いなら根元から5~6センチ離れた場所を狙って温風を当てれば、根元も毛先も同時に効率よく乾かせる。

五味常明(ごみ つねあき)さん
五味クリニック 院長
五味常明(ごみ つねあき)さん 1949年生まれ。昭和大学医学部卒業。昭和大学病院形成外科、多摩病院精神科勤務などを経て、84年より現職。体臭・多汗研究所所長。流通経済大学スポーツ健康科学部客員教授。著書に「気になる口臭・体臭・加齢臭」(旬報社)、「なぜ一流の男は匂いまでマネジメントするのか?」(かんき出版)など。
結城未来(ゆうき みく)
エッセイスト・フリーアナウンサー
結城未来(ゆうき みく) テレビ番組の司会やレポーターとして活躍。一方でインテリアコーディネーター、照明コンサルタント、色彩コーディネーターなどの資格を生かし、灯りナビゲーター、健康ジャーナリストとして講演会や執筆活動を実施している。

先頭へ

前へ

3/3 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 第3波を乗り切るためのコロナ対策

    新型コロナウイルスの新規感染者が再び急増し、日本は今、流行の第3波を迎えている。今後さらに気温と湿度が下がると、ウイルスの生存により適した条件が整うようになる。これ以上の流行拡大を防ぐためには、1人1人が感染予防策を改めて見直し、感染リスクの高い行動を避けて生活することが不可欠だ。第3波を乗り切るためのコロナ対策を、もう一度まとめた。

  • 寝たきり予備軍「フレイル」を防ぐためにできること

    老化を防ぎ、健康寿命を延ばすためには、加齢により心身が衰えた状態である「フレイル」の予防が必要になる。フレイルは、健康な状態と要介護状態の中間に当たるが、これを避けるために特に重要なのが「筋肉量の維持」だ。筋肉量が減少すると、足腰が弱くなって寝たきりにつながるだけでなく、認知症や心疾患のリスクが上がることも分かってきた。筋肉量を維持し、フレイルを防ぐために何をすればよいだろうか。

  • 「ウォーキング」「ジョギング」 大きな健康効果を得るための小さなコツ

    ウォーキングやジョギングなどの「有酸素運動」には、「コロナ太り」の解消や、生活習慣病の予防、免疫力アップなどが期待できる。ただし、漫然と歩くだけでは運動効果は低いし、かといって本格的なジョギングは運動初心者にはハードルが高い。そこで運動効果の上がる歩き方と、初心者でもできる走り方のコツを紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.