日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > ストレス解消のルール  > 髪が濡れているとき摩擦はNG、頭臭の原因に
印刷

ストレス解消のルール

髪が濡れているとき摩擦はNG、頭臭の原因に

ストレス解消のルール(3)

 結城未来=健康ジャーナリスト

 前回記事「髪は洗い過ぎない、塩でシャンプー…頭臭の悩みはこれで解決!」は想像以上の反響で多くの人に読まれた。筆者・結城未来のもとへも「毎日の洗髪が臭いを増加させる原因だったとは!」「塩で頭を洗うって?」「重曹を髪に使うとは!」といった驚きの声が多く寄せられた。同時に、「1日2回髪を洗わなければいけないと思うほど頭がベタベタし、臭いも気になっていたから、早速実践してみる」という声も聞かれた。

 これほどまでにストレスを感じる人が多い「頭臭」。実は、その対策は洗髪だけにとどまらない。洗髪後の髪の乾かし方も肝の一つだ。自然乾燥派にもドライヤー派にも落とし穴がある。頭臭ストレス対策の第2弾として「頭臭を引き起こす髪を乾かす際の落とし穴」について臭い対策のスペシャリスト・五味クリニック(東京・新宿)の五味常明院長に教わった(「頭臭スパイラルに陥らないための「髪の乾かし方」5つのルール」を今すぐ知りたい方は記事末をご覧ください)。

洗顔後の髪の乾かし方によっては、頭臭のリスクが高まるそうです。写真はイメージ=(c)ljupco-123RF

 洗髪後は、「自然乾燥派」と「ドライヤー派」、どちらが多いだろうか? かくいう私は、「自然乾燥派」。ドライヤーが嫌いというよりも、ついつい「ドライヤーが面倒臭い」と思ってしまうズボラタイプだ。もちろん、美容院で丁寧にドライヤーをかけてもらうと、いつも以上にサラサラでツヤ感のある髪に仕上がるので、「ドライヤーを丁寧にかけることは美髪につながる」とは、常日頃、痛感してはいるのだが…。

自然乾燥では頭臭が強まる可能性が高い!?

――五味院長「実は、私も自然乾燥派。でも自然乾燥が必ずしも良いわけではないですよ。たとえば、結城さんの場合、自然乾燥では頭臭が強まる可能性が高いかもしれませんね」

 …と、いきなりのカウンターパンチ。これまでに、「自分の頭が臭い」と思ったことはなかったのだが、考えてみれば、自分では自分の頭の臭いをかげない。もしかして、周囲はひそかに「あいつの頭、臭いなぁ」と思っていたのかもしれないと、少々不安だ。これは、自然乾燥で頭臭が発生しやすい場合、しない場合の分かれ目から探っていく必要がありそうだ。

 まずは、おさらい。髪の毛は「臭いの収集器」。隣に座っている二日酔いの人のアルコール臭、近くで煙を出す人のタバコ臭、加齢臭など、空中に飛び回っている臭い分子を、臭いの収集器である毛が吸いとってしまうというのが、前回記事「髪は洗い過ぎない、塩でシャンプー…頭臭の悩みはこれで解決!」での五味院長の解説だった。

――五味院長「前回の記事で紹介した洗髪法を続けられれば、髪の表面についた臭いも頭皮から発生する臭いも、サッパリと洗い流されるはずです」

 ならば、洗髪後はもう頭臭とは無縁なのでは!?

――五味院長「ところが、ここに落とし穴が一つ。洗顔後の髪の乾かし方によって、『臭いがつきやすくてとれにくい髪』になるリスクが高まるんです」

 それは、濡れた髪のまま長時間いると、髪が臭くなるということだろうか?

――五味院長「いえいえ、清潔になった髪が臭くなるということはありません。臭いがつきやすいかどうかは、髪を傷つけてしまうかどうかにかかっているのです。

 そもそも、毛髪の表面を覆っているキューティクルはガラスのようにツルツルしています。傷んでいなければ臭い分子はブラッシングだけでツルリと落ちてしまう。でも、傷んでいると臭い分子が引っかかり、『臭い髪』になってしまうんです」

 私も好んでいる自然乾燥なら、髪が傷むことはなさそうに思えたのだが…。

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • あなたの腎臓、大丈夫? 急増する慢性腎臓病を防ぐ

    普段あまり意識することの少ない「腎臓」。だが近年、人口の高齢化に伴い、慢性腎臓病から人工透析へと至る患者が急増している。腎臓は、ひとたびその機能が失われると、坂道を転がり落ちるように悪化していく。そうなる前に腎臓の異常を察知し、腎機能の悪化を食い止めるにはどうすればいいのか。重要ポイントをまとめた。

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

  • 健康寿命を左右する「全粒穀物と食物繊維」の摂取方法

    今、世界的に「全粒穀物」の健康効果が注目されている。全粒穀物の摂取が増えるほど、がん、心血管疾患、総死亡率が低くなるという研究報告も出ている。その健康効果の中核となっているのが「食物繊維」だ。食物繊維が体にいいことはよく知られているが、主に便通などに影響するものと軽視されがち。だが、食物繊維不足は生活習慣病と密接な関係がある。本特集では、主食の選択が及ぼす健康効果から、注目の大麦の健康効果、穀物以外の食物繊維のとり方までを一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.