日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > ストレス解消のルール  > コロナボケ解消には「魚」がいい? 脳を活性化させる食事のツボ
印刷

ストレス解消のルール

コロナボケ解消には「魚」がいい? 脳を活性化させる食事のツボ

コロナストレスを解消するためのルール

 結城未来=健康ジャーナリスト

 コロナ禍で毎日の通勤生活から週に数回のテレワーク業務へシフトしている企業も少なくない。そんな中、「久しぶりに会社で会う同僚は、コロナ前より太った」という「コロナ肥満」や「毎日通勤していたときよりも頭が回らない」「うっかりすることが増えた」と、「コロナボケ」を訴える声も耳にする。

 どうやら社会的な刺激が減ると、体形や脳の働き方に影響が出るようだ。この「肥満対策」や「脳の活性対策」には運動はもちろんだが、「魚」と「咀嚼(そしゃく)」が大きなカギになるらしい。

 健康ジャーナリスト・結城未来が「コロナボケ」や「コロナ肥満」などのコロナによるストレス解消のルールを咀嚼と栄養学の専門家・和洋女子大学の柳澤幸江教授に聞いた。

食欲の秋には、おいしい魚を食べて頭もリフレッシュ? 写真はイメージ=(C)Sergejs Belovs-123RF

「かむ」ことは脳の働きや肥満にも関係していた?!

 体形の変化に食生活が大きく関わることはイメージできるが、果たして「食」を見直すことは「頭の働き」にも関係するのだろうか?

――柳澤教授「もちろんです。家時間が長引くと、どうしても『楽な食べ物』に偏りがちになるので、脳の働きにも影響が出てきてしまいます」

 「楽な食べ物」とは、「作るのが楽」ということだろうか?

――柳澤教授「『楽に食べられる軟らかいもの』ということです。たとえば、脂肪の多い肉などには軟らかいものが多いですよね。軟らかい食べ物は舌触りがよく嗜好性も高い。しかも口に入れて簡単に飲み込めるので、楽にエネルギー補給ができる。気を付けていないと好んで口にしがちなのです。『肥満』はもちろん、『脳の活性』という点でも注意が必要です」

 「軟らかいもの」といえば、「ご飯を炊くのが面倒臭い」「パッと食べられるから」と、パン食や麺類などですますこともある。それが脳の働きとどう関係するのだろう?

――柳澤教授「『咀嚼』つまり『かむ』ことが、脳の働きに関係してくるのです。たとえば歯の本数が少ない人ほど、記憶・計算・思考をつかさどる脳の部位の容積が加齢とともに小さくなりがちだということが分かっています。つまり、『かまない』生活を続けてしまうと、記憶力や思考力にも影響が出るリスクがあるため、『軟らかいもの』ばかりの食生活はお勧めできません」

 そういえば、私は原稿執筆の際に「よくかむ」ものを口にする。特に堅めのせんべいは必需品。ガリガリとかむことで、考えがハッキリすることも少なくないように思う。

現在の食卓では、堅いものや、かみ切れない食品はだんだんと少なくなっているのかもしれない (c)bbtreesubmission-123RF

――柳澤教授「『かむ』行為が脳に良い影響を与えるというデータは数多く存在しています。かんでアゴをしっかりと動かすことで、三叉(さんさ)神経から脳へと信号が送られて脳は覚醒状態をキープ。血流量が増えて活性することも分かっています。逆に、緊張感は下がるというデータも出ています」

 しっかりと「かむ」ことで、脳は不要な緊張を取り除いて働きやすい状態になるということらしい。車の運転中に眠気覚ましのガムをかむことも、同様の効果を生むようだ。つまり「コロナボケ」対策にも、「かむ」ことは大切なのだ。

――柳澤教授「『かむ』ことは『肥満』とも大きく関わります。食事時間が短い早食いの人ほど太りがち。時間をかけてよくかめば満腹中枢も刺激できますので、過剰に食べることなく肥満予防にもなります。唾液分泌量も増えますので、口の中をきれいに保つこともできますよ」

 「よくかむ」ことは、「コロナ肥満」対策にもなるようだ。

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 第3波を乗り切るためのコロナ対策NEW

    新型コロナウイルスの新規感染者が再び急増し、日本は今、流行の第3波を迎えている。今後さらに気温と湿度が下がると、ウイルスの生存により適した条件が整うようになる。これ以上の流行拡大を防ぐためには、1人1人が感染予防策を改めて見直し、感染リスクの高い行動を避けて生活することが不可欠だ。第3波を乗り切るためのコロナ対策を、もう一度まとめた。

  • 寝たきり予備軍「フレイル」を防ぐためにできること

    老化を防ぎ、健康寿命を延ばすためには、加齢により心身が衰えた状態である「フレイル」の予防が必要になる。フレイルは、健康な状態と要介護状態の中間に当たるが、これを避けるために特に重要なのが「筋肉量の維持」だ。筋肉量が減少すると、足腰が弱くなって寝たきりにつながるだけでなく、認知症や心疾患のリスクが上がることも分かってきた。筋肉量を維持し、フレイルを防ぐために何をすればよいだろうか。

  • 「ウォーキング」「ジョギング」 大きな健康効果を得るための小さなコツ

    ウォーキングやジョギングなどの「有酸素運動」には、「コロナ太り」の解消や、生活習慣病の予防、免疫力アップなどが期待できる。ただし、漫然と歩くだけでは運動効果は低いし、かといって本格的なジョギングは運動初心者にはハードルが高い。そこで運動効果の上がる歩き方と、初心者でもできる走り方のコツを紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.