日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > ストレス解消のルール  > 髪は洗い過ぎない、塩でシャンプー…頭臭の悩みはこれで解決!  > 3ページ
印刷

ストレス解消のルール

髪は洗い過ぎない、塩でシャンプー…頭臭の悩みはこれで解決!

頭臭ストレス解消の5つのルール

 結城未来=健康ジャーナリスト

 その解決法として五味院長に教わったのが、「塩シャンプー」と「重曹スプレー」。毎日洗髪したければ、この2つを上手に取り入れるのがよいという。

休洗髪日には「塩シャンプー」か「重曹スプレー」

2Lほどのお湯に小さじ1~2杯の自然塩を溶かし、それを頭皮にかけながらマッサージをしよう。写真はイメージ=(c)TAKASHI HONMA-123RF

 ミネラル豊富な自然塩を準備しよう。「塩に含まれるナトリウムイオンがアカに含まれるタンパク質を溶かすうえ、皮脂をとり過ぎることもない。消臭効果もある」(五味院長)

(1)

洗髪前に優しくブラッシングをして、ホコリなどの余分な汚れをとっておく

(2)

頭皮を指の腹でマッサージしながら、ぬるめ(37度から38度)のシャワーで一度洗い流しておく

(3)

2Lほどのお湯に小さじ1~2杯の自然塩を溶かす。頭皮に少しずつかけながら指の腹でマッサージをする

(4)

ぬるめのシャワーで塩分をしっかりと洗い流す

 私も試しに通常のシャンプーを2日に1回にとどめてみた。休洗髪日に、この「塩水シャンプー」ならぬ「塩シャンプー」にもトライ。初日の仕上がりでは少々ごわつき感があったが、数回取り組むうちに違和感がなくなってきた。これまでは特に暑い時期に頭皮がかゆくなることがあったが、この塩洗髪のおかげでかゆみが抑えられたらしく、今のところ何の違和感もない。とりたててさっぱり感はないが、かえって穏やかに頭皮環境を整えてくれるのだと実感できる。

500mLの硬水に重曹大さじ3杯を入れたものをプシュッ。写真はイメージ=(c)Dean Drobot-123rf

 続いて「重曹スプレー」。重曹とミネラルウォーターを用意。水は硬水の方が消臭効果の高いミネラルが豊富らしい。500mLの硬水に重曹大さじ3杯を目安に入れ、かき混ぜるだけで準備は完了。

 スプレー容器に入れて、風呂上がりや朝の外出前に使おう。重曹の代わりに、硬水500mLにミョウバン25gでもよい。

 それにしても、なぜ「重曹」と「ミョウバン」なのだろう?

――五味院長「どちらも、『殺菌剤』ではなく、悪玉菌の繁殖を軽く抑制する『静菌剤』として働くのです。善玉常在菌を排除することなく、食品添加物という点でも安全。皮膚に直接スプレーすることのできる消臭剤として安心して使えますよ」

 なるほど、手軽で気軽に使うことができるのだと納得。

――五味院長「ただ、どちらで作ったスプレーも、頭皮を意識して使うことが大切ですよ」

 私も試しに重曹スプレーを作ってみた。特に朝シャンができないとさっぱりしないうえ、寝癖がひどい。これまでは寝癖を整えるスプレーを使っていたのだが、1日中頭皮がつっぱるような感じがしていて、帰宅後に洗い流すとほっとすることが多かったものだ。

 重曹スプレーに代えたところ、全く違和感なし。頭皮のつっぱり感もなく、自然体でいられる。心地が良いのに「頭臭予防」にもなっているかと思うとうれしくなる。何より、「朝シャン」をせずに外出する「罪悪感」もなくなるから不思議だ。

 この塩シャンプーと重曹スプレーを駆使しながら、しばらく「休洗髪日」を設けてみたが、毎日シャンプーをしていた頃よりも頭皮の調子がいい。かゆみがなく異常なべたつきもなくなった気がする。

 特にこの季節、「シャンプーを休む」ことは勇気がいるだろう。でも、代わりに頭皮環境を整ええているのだと思えば、安心できる。今日からすぐに取り組める「頭臭ケア」、ぜひ取り入れて「頭臭ストレス」をなくしてほしい。

<頭臭を減らす5つのルール>
(1)休洗髪日を設けよう
⇒洗浄力が強いシャンプーの使い過ぎは、頭皮環境を悪化させる。シャンプーでの洗髪は1日1回。頭臭が気になるなら2日か3日に1回にとどめることで、頭皮の環境を整えよう
(2)休洗髪日には塩シャンプーでケア
⇒自然塩に含まれるナトリウムイオンで消臭&穏やかに頭皮をケアしよう
(3)朝シャンの代わりに重曹スプレー(ミョウバンスプレー)を使用
⇒硬水500mLに重曹なら大さじ3杯、ミョウバンなら25gを入れて自家製スプレーを作成。湯上がりや朝シャンの代わりに使うことで、消臭効果をアップさせよう
(4)効果的なシャンプーのためにブラッシングとぬるめのシャワーで事前準備
⇒洗髪の前に髪をブラッシングしてホコリを浮き立たせ、さらにぬるめのシャワーで頭皮をマッサージしながら洗っておけば、シャンプー前にある程度汚れはとれる
(5)シャンプーの仕上げは怠らない
⇒洗浄力の強いシャンプー、塩シャンプーどちらも、仕上げの洗い流しはしっかりと行おう。髪に成分が残っていると、べたつきなどの不快感をもたらし、次なる悪臭の原因にもなりかねない

五味常明(ごみ つねあき)さん
五味クリニック 院長
五味常明(ごみ つねあき)さん 1949年生まれ。昭和大学医学部卒業。昭和大学病院形成外科、多摩病院精神科勤務などを経て、84年より現職。体臭・多汗研究所所長。流通経済大学スポーツ健康科学部客員教授。著書に「気になる口臭・体臭・加齢臭」(旬報社)、「なぜ一流の男は匂いまでマネジメントするのか?」(かんき出版)など。
結城未来(ゆうき みく)
エッセイスト・フリーアナウンサー
結城未来(ゆうき みく) テレビ番組の司会やレポーターとして活躍。一方でインテリアコーディネーター、照明コンサルタント、色彩コーディネーターなどの資格を生かし、灯りナビゲーター、健康ジャーナリストとして講演会や執筆活動を実施している。

先頭へ

前へ

3/3 page

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.