日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > ストレス解消のルール  > つらい体験は言葉にしてみる ストレス和らぐ心の整理術
印刷

ストレス解消のルール

つらい体験は言葉にしてみる ストレス和らぐ心の整理術

ストレスと上手に付き合うためのヒント

 結城未来=健康ジャーナリスト

前回記事「ストレスはないより多少あるほうがいい じつは心の健康に不可欠」で、「ストレスの正体」は必ずしも「悪」ではない、という話を紹介した。適度な緊張感は、ある意味「生きる幸せを感じさせるもの」でもあるのだ。今回は、具体的に「ストレスと上手に付き合うためのヒント」を健康ジャーナリストの結城未来が日本大学医学部精神医学系・内山真主任教授と考えた。

ストレスで苦しい時、なぜ言葉で気持ちを整理することが有効なのか。写真はイメージ=(c)lassedesignen -123RF

 まず、自分の抱えているストレスがどういうものなのかをチェックしよう。

A: 具体的に決断を下さなければならず、葛藤して苦しんでいないだろうか?
⇒もしそうなら、解決のヒントはこのページに
B: 嫌なことがあって、そのストレスを受け止められずに苦しんでいないだろうか?
⇒もしそうなら、解決のヒントは2ページ目へ

A:決断を前に葛藤して苦しんでいるなら……

――内山教授「二者択一の状況で決断を下す際に、もう一つの可能性を諦めきれないことも多いのではないかと思います。こういう葛藤状況が大きなストレスをもたらします」

 例えば、どういう場面だろうか?

何かを決断する際も、まず気持ちを整理することが大切。写真はイメージ=(c)Shao-Chun Wang-123RF

――内山教授「大学の授業では学生に考えてもらうため、身近な話を例に出しています。試験の日に好きな洋楽のミュージシャンの来日コンサートがぶつかってしまったとしましょう。すると、『どうしても聴きに行きたい、でも成績は落としたくない』という葛藤状況が生まれます」

 生きる上で、こういった選択をしなければならない場面はありがちだ。でも結局、体は一つしかないのだから、どちらかを選択するしか手立てはないように思う。

――内山教授「そうですね。ただ、その際に『気持ちを整理する』作業がとても大切なのです。まず、自分にとっての重要度をランク付けします。『コンサートが何よりも大切だから、試験の結果はどうなってもよい』というならコンサートに行くし、『成績や進級には代えられない』のであれば、コンサートを諦める。こうした白か黒かの明確な選択が自然にできれば簡単です。

 なるほど。「仕方ないからこうなった」ではなく、「決断の経緯や理由」を明らかにすることは大切らしい。

――内山教授「この『気持ちの整理』がきちんとできていないと、私たちは諦めたことに関してネガティブな気持ちをひきずり、後悔してしまうものです。試験が意外に簡単だったら、『コンサートに行ったほうがよかったかなぁ』と思うかもしれませんし、成績が悪かったら、『やっぱり遊びに行かずに勉強しておけばよかった』と後悔するわけです」

 ……確かに私も、後悔の連続だ。

――内山教授「白黒ハッキリつけるというよりは、灰色の決断、それも『あまり暗くない灰色の決断』を見つけることができたら、気持ちも軽くなると思います。

 例えばこの場合、『勉強不足だから遊びに行かない方が安全だ』と感じるなら、『コンサートには次の来日の際に行くことにしよう』と、楽しみを残しておくのも一つのやり方です。また、もう少しアクティブに、『来日は当分なさそうだから、別の機会に3日間休んで海外に行って本場でコンサートを聴こう』と、切符の安い時期のコンサートの日程を調べる。これなら、『現状から逃げて妥協した』ことにはならないので、気持ちもスッキリしてきます。しかも、そうやって前向きに動いているうちに、『そこまでしなくてもよいかな』と考えるようになるかもしれません。つまり、少しずつ具体的な行動を起こすうちに、思いもよらない心の整理ができたりもします」

 なるほど。どうしても決断せざるを得ないのなら、心残りになりそうな事柄に対して希望を残しておけば前向きに決断できそうだし、葛藤によるストレスも生じにくい。これは、ビジネスでも大いに生かせそうだ。

――内山教授「そうですね。ビジネスでも同様なことは起こりがちです。その際には少し立ち止まって、心の中を整理する時間をとってみたらよいと思います。白黒をつけなければいけない葛藤状態では、最終的に帰結する行動は2つに1つです。しかし、『仕方なく一つの選択肢を選ばざるを得なかった』と感じるのと、『気持ちを整理した上で決断した』と感じるのとでは、ずいぶん違うと思います。その上、『チャンスに対して前向きに考える戦略』を立てられるようになると、ピンチのたびに成長していくことにもつながります」

 「ピンチ」を単なる苦境とせず、むしろ自己成長の良い機会だと考えられれば、ピンチに直面した際の苦しいストレスも軽減できそうだ。

 このように、「葛藤する」ことによるストレスもあれば、起こったことに対して気持ちの整理がつかずに苦しむストレスもあるだろう。

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 宴会で「尿酸値・血糖値・中性脂肪」を上げない賢い飲み方

    年末年始や年度の変わり目など、宴会が増える季節に、楽しくお酒を飲みながらふと頭をよぎるのが、「体重の増加」と「気になる検査値への影響」ではないだろうか。暴飲暴食が続くとさまざまな検査値に影響が及ぶ。今回は、働き盛りの世代に身近な「尿酸値」「血糖値」「中性脂肪」を上げないための、宴会での上手な飲み方・食べ方のコツをまとめた。

  • 青魚のDHAやEPAで、血管を若返らせて、メタボも抑制!

    サバ、イワシなどの「青魚」の健康効果が注目されている。青魚にたっぷり含まれるDHAやEPAは、血管を若返らせ、メタボを抑制したり、認知症のリスクを下げる効果も期待できる。手軽に食べられる「サバ缶」や「イワシ缶」も人気で、カルシウムもしっかりとれるため、骨粗鬆症の予防にもなる。

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

人生100年時代プロジェクト

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.