日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > ストレス解消のルール  > 夏の寝苦しさを解消する3つの快眠ルールとは?
印刷

ストレス解消のルール

夏の寝苦しさを解消する3つの快眠ルールとは?

眠れないストレスを解消する快眠ルール

 結城未来=健康ジャーナリスト

暑くなると、必ず話題に上るのが「快眠」関連の情報だ。健康ジャーナリストの私(結城未来)の元にも取材依頼が急増する。睡眠関連グッズや情報がちまたにあふれる一方で、どれが良いのか悩んでかえってストレスに感じる声も少なくないようだ。実は、「睡眠と体温の関係」さえ知っていれば、思い悩むことはないという。しかも最新の研究で、「目の周りを温める」ことも、快眠の引き金になることが分かってきた。日本睡眠学会理事長を務めた日本大学医学部精神医学系客員教授・東京足立病院院長でもある内山真さんに「夏の睡眠」をスムーズにする快眠のルールを教わった。

夏の睡眠をスムーズにするコツは?(写真はイメージ=123RF)

 内山教授から最新のニュースが届いた。「目の周りを温めると、眠りやすくなる」という日本大学と花王の共同研究だ。

 目の周りを温めれば緊張がほぐれて眠りやすくなるということなのかと思いきや、目の周りを温めると手足も温かくなって体内の温度が下がり、深い眠りへと誘われるという。この不思議なメカニズムは一体どうなっているのだろうか?

――内山教授「体温と睡眠の関係さえ分かれば、シンプルな仕組みですよ」

 「体温」というのは、わきの下や口の中に体温計を入れて測るあの「体温」だろうか?

――内山教授「そうです。人間の体温には、おなかの中など体の内部の『深部体温』と暑いと汗をかく『皮膚表面の温度』があります。

 『深部体温』は、口内・舌の下、耳の中などで測る温度。ちなみに、病気の際に熱を測るわきの下の温度は通常は体の内部の温度(深部体温)を反映しています。ただ、汗ばむ季節には皮膚表面の温度の影響を受けがちなので、正確な深部体温を測れません」

 睡眠とどう関係しているのだろうか?

――内山教授「深部体温が高いと体の機能は活発になり、低くなると機能が低下します。これを医学に応用したのが、低温麻酔。体を冷却して深部体温を低く保つことで体の機能を抑え、麻酔として活用しています。通常の生活では、昼間覚醒して活動するときには深部体温を高く保ち、夜に眠る時には深部体温を下げて体全体を休息させる。体の中で約24時間の時を刻む体内時計のプログラムで動いています」

手足から熱を逃がすことで深部体温を下げる

 眠る時にはどうやって深部体温を下げているのだろうか?

――内山教授「手足の皮膚が体外に熱を逃がすラジエーターの役割をします。人間は活動時にとった食べ物をエネルギーに変えて熱を作り出し、体温を一定に保っています。熱の産出を抑えても、体内の温度が下がるには時間がかかります。そこで睡眠時には手足の皮膚の血管を開き、血液の通りを良くして積極的に体内の熱を逃がすことで深部体温を下げています。こうして、私たちは自然な心地良い睡眠に入っていくことができるのです」

 そういえば、眠る前に手足がポカポカと温かく感じることがある。入浴後のホテリのためだと思っていたが、どうやらそれだけではないようだ。

――内山教授「分かりやすいのは、赤ちゃんです。眠くなってグズる時には手足が温かくなりますよね? 体の中から熱を逃がして眠りの準備をしているのです。大人でも、眠る前には体温が下がり始めるので、手足の温かさを感じられると思いますよ」

手足の皮膚から熱を逃がすことで深部体温を下げ、自然な睡眠に入っていくという(イラスト:斎藤ひろこ[ヒロヒロスタジオ])

1/3 page

最後へ

次へ

睡眠
キーワード一覧へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.