日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > ストレス解消のルール  > 肩・首コリの原因「カメ首」が急増? 首ほぐしと首筋トレで撃退!
印刷

ストレス解消のルール

肩・首コリの原因「カメ首」が急増? 首ほぐしと首筋トレで撃退!

カメ首ストレスを解消するためのルール(前編)

 結城未来=健康ジャーナリスト

 街ににぎわいが戻ってきた。とはいえ、コロナショック前とは様子が違う。マスクなどの感染症対策が当たり前になっているのはもちろんだが、気になるのは、「カメ首」が目立つことだ。カメのように首を突き出し、頭に引きずられるように体が重そうについてきて前へ進む。大人のカメだけでなく「子ガメ」もいる。信号待ちでたまった人々の姿はさながら、「カメ首」の軍団だ。

 私、健康ジャーナリスト結城未来もショーウインドーに映った自分の姿にがく然とした。……カメなのだ。前に突き出した首の上に乗っている顔の表情は、心なしか苦しそうにも見える。数カ月のテレワーク生活で、ヒトからカメへの変貌を遂げてしまったとしたら、あまりにも悲しい。どうやら、体の上半身に痛みを訴える声も大きくなっているようだ。そこで、昭和大学医学部整形外科の客員教授 平泉裕医師のところに駆け込んで、「カメ首ストレスを解消するためのルール」を教わることにした。

――平泉医師「『カメ首』とは、的を射た名前ですよね。今、多くの人に見られる不良姿勢は、『カメ』そのものです。背中は丸まり首やアゴが前に出たカメのような姿勢のために、不調を訴える患者さんが目立ちます」

 「カメ首」姿勢はどういった不調をもたらすのだろうか?

――平泉医師「肩コリ、首コリ、頭痛、眼精疲労です。『首が重くて頭が上げられない』『首から肩と上腕に痛みが走る』、『首を切り落としたい』という訴えまであります。先ほど来院した患者さんは、まさに『カメ首』症状でしたね。レントゲンを撮ると、アゴが前に出てしまっていることも確認できました。『首が痛くてつらいので、痛み止めをもらって横になって休みたい』と言われたので、『痛み止めや休むことだけでは改善しませんよ』と、ご説明したところです。ちなみに、私も毎晩原稿を書いているせいか、すぐに首の後ろの筋肉が疲れて痛くなりますので、そのつらさはよく分かります」

テレワーク、長時間のスマホが「カメ首」の原因か

 「カメ首」が目立つようになったのは、テレワークの影響もあるのだろうか?

――平泉医師「やはり、大人はテレワーク、お子さんはオンライン授業や長時間のスマホ操作を続けていたための影響が大きいでしょうね。縮こまった姿勢で画面をのぞき込み続けると、背中は丸まり首が前に出てきてしまいます。すると、首と肩甲骨をつなぐ『肩甲挙筋(けんこうきょきん)』や首の後ろから背中にかけて肩甲骨を覆う『僧帽筋(そうぼうきん)』などが硬直。疲労性の痛みになります」

 つまり、こういうことらしい。成人の頭は体重の十数%といわれている。体重50kgなら、頭部は5kg以上の重さ。米袋をのせて歩いているようなものだ。その重さを支えるのが首から背中にかけての筋肉だ。頭が体の真上にあればバランスよく支えられるが、長時間のパソコン作業やスマホ操作などで体を丸めて首を前に突き出すカメ首姿勢を続けてしまうと、前に頭が倒れるために重心が崩れ、首や背中の筋肉が引っ張られてしまう。結果、筋肉は緊張を強いられ疲労してしまい、首コリや肩コリなど上半身の不調を引き起こすことになるのだ。

カメ首姿勢
カメ首姿勢

――平泉医師「カメ首を放っておくと、頭がどんどん前に垂れ下がって上げられなくなる『首下がり病』になる危険もあります。私の病院では、年に数名の患者さんがこれで手術を受けるほど悪化しています」

 たかが姿勢、されど姿勢。「カメ首」を、ただの「姿勢の悪さ」や「疲れのせい」だと侮ってはいけないようだ。「カメ首」から解放されるために「カメ首ストレス解消のルール」を教わろう。

<「カメ首」ストレス解消のルール>

1.

頭も肩も体の前にあってはいけない。頭は体の真上、肩は体の後ろにあるものと心得よ

2.

「40秒首ほぐし」で首コリ撃退にいそしむべし

3.

「40秒首筋トレ」で首や頭を持ち上げ、「カメ」から「ヒト」の首に戻るべし

4.

「30秒の肩甲骨ほぐし」で背中から「甲羅」を取り去るべし

5.

「20秒の脇伸ばし」で縮こまった体を伸ばして、呼吸とココロを楽にすべし


1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニングNEW

    中年にもなると、お腹がぽっこり出てくるのが気になる人も多い。特に薄着の季節になると、お腹が出ているのが気になり、何とか短期間で凹ませたいと思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、効率よくお腹を凹ませるために知っておきたい「内臓脂肪」の落とし方と、トレーニングのコツ、そしてお腹を凹ませる「ドローイン」のやり方について解説しよう。

  • 脳を衰えさせる悪い習慣、活性化する良い習慣

    「もの忘れがひどくなった」「単語がスッと出てこない」「集中力が落ちてきた」……。加齢とともに脳の衰えを実感する人は多いだろう。「このままだと、早く認知症になるのでは?」という心配が頭をよぎることもあるだろうが、脳の機能は加齢とともにただ落ちていく一方なのだろうか。どうすれば年齢を重ねても健康な脳を維持できるのか。脳に関する興味深い事実や、健康な脳を維持するための生活習慣について、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.