日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > ストレス解消のルール  > ストレスはないより多少あるほうがいい じつは心の健康に不可欠
印刷

ストレス解消のルール

ストレスはないより多少あるほうがいい じつは心の健康に不可欠

決して悪者ではない、ストレスの正体

 結城未来=健康ジャーナリスト

 まずは、こちらをご覧いただこう。これをどう思うだろうか?

一、

ストレスは「生きる幸せ」を感じさせるもの

二、

ストレス反応である疲労は心身を守る「安全弁」

三、

ストレスは休養とのバランスがとれることで「心の健康」につながる

 これは、「ストレスの正体」だ。

 「ストレス」は何かと悪者に思われる。かくいう私、健康ジャーナリストの結城未来も、疲れるたび、嫌な気持ちになるたびに「最近、ストレスが多くて……」と、ストレスを言い訳にしてきた気がする。「ストレスがなければ、どんなにハッピーな毎日が訪れることだろう」とも思ってきた。

 そんなわけで、この連載のタイトルは「ストレス解消のルール」なのだが、実はストレスは一種の「必要悪」であり、「生きるためのマストアイテム」でもあるらしい。日本大学医学部精神医学系・内山真主任教授に取材し、ストレスの正体を探った。

写真はイメージ=(c)Aleksandr Davydov-123RF

ストレスのない人生は実は不幸せ?

――内山教授「そもそも、『ストレス』という言葉をどういう意味で使っていますか?」

 インタビュー開始直後、内山教授からのいきなりの質問に驚いた。そういえば、当たり前のように「良くないもの」として使っている気がする。

――内山教授「恐らく『心労』『懸念』などの意味で使っているケースが実際には多いでしょう。では、そういう意味でのストレスは、昔に比べて現代人のほうが多いと思いますか?」

 世の中には、「ストレスの多い現代」という言葉が闊歩(かっぽ)しているし、そう思い込んでいたふしもある。

スイスの山岳地帯。一見のどかでストレスとは無縁に見えるが…。写真はイメージ=(c)Hirotaka Ihara-123RF

――内山教授「実は、時代によって内容が変わっているだけで、昔から人類にストレスはつきものだといわれています。

 例えば、『アルプスの少女ハイジ』の舞台になるスイスの山岳地帯。一見のどかでストレスがなさそうに思えますよね。実際スイスは梅雨もなく、春夏は気候が穏やかで過ごしやすい場所のようです。一方、冬はとても寒く厳しい環境に一変します。それ以外の季節でも心配や懸念は多い。欧州では羊がオオカミに襲われる脅威などもあるので、夜はぐっすり眠るわけにはいかなかったという記録もあります。

 これは、昔の日本でも同様です。夜は畑を荒らしにくるイノシシを撃退しなければいけなかったので、おちおち眠ってはいられなかった。昔の人たちは、農業などで過酷な自然の脅威と闘いながら生きていたのです。つまり、生きていくうえで心労、つまりストレスは昔からあったことになります」

 なるほど。現代に限らず、昔から人間は「ストレス」の原因になる困難と闘ってきたことになる。

――内山教授「そもそも、『ストレスがない』ことが本当の幸せだと思いますか?」

 「ストレス=心労=自分を疲弊させる原因」だとしたら、ないほうが幸せのように思える。

――内山教授「より良く生きようと思うと現実とのギャップを感じます。何らかのストレスを感じるものです。反対に、『このままでいいんだ』と思うとこの落差はなくなるけれど、今度は生活の満足度が低くなってきます」

 「生活の満足度」、というのは「幸せ」ということだろうか?

――内山教授「そうですね。『幸せ』であり『心の健康』にもつながるものです。では、『やりがいのない仕事を機械的にこなすだけで、食べるには何とか困らない生活』と、『ちょっと大変なこともあるけれど自分の能力を生かした仕事で達成感がある生活』、どちらの満足度が高いと思いますか?」

 それはもちろん、やりがいを感じられたほうが満足度が高い。

――内山教授「以前に行った国内調査でも、その通りでした。『達成感の高い人が心の面で健康』ということが分かったのです。『ストレスを避けなさい』というのは正しいことだと思います。でも、それはあくまでも程度問題。ストレスをとことん避けたらそれだけ幸せなのかというと、必ずしもそうでもなさそうなのです。そもそも、みんなで協力しながら生きている実生活の中では、多少なりとも人に気を使うことが多い。自分だけストレスが全くないというのは現実には難しいですね」

 では、「ストレス」について、どう考えたらよいのだろうか?

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 宴会で「尿酸値・血糖値・中性脂肪」を上げない賢い飲み方

    年末年始や年度の変わり目など、宴会が増える季節に、楽しくお酒を飲みながらふと頭をよぎるのが、「体重の増加」と「気になる検査値への影響」ではないだろうか。暴飲暴食が続くとさまざまな検査値に影響が及ぶ。今回は、働き盛りの世代に身近な「尿酸値」「血糖値」「中性脂肪」を上げないための、宴会での上手な飲み方・食べ方のコツをまとめた。

  • 青魚のDHAやEPAで、血管を若返らせて、メタボも抑制!

    サバ、イワシなどの「青魚」の健康効果が注目されている。青魚にたっぷり含まれるDHAやEPAは、血管を若返らせ、メタボを抑制したり、認知症のリスクを下げる効果も期待できる。手軽に食べられる「サバ缶」や「イワシ缶」も人気で、カルシウムもしっかりとれるため、骨粗鬆症の予防にもなる。

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

人生100年時代プロジェクト

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.