日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > ストレス解消のルール  > 花粉症にドライアイ、目がかゆくても冷やす・水洗いは避けて
印刷

ストレス解消のルール

花粉症にドライアイ、目がかゆくても冷やす・水洗いは避けて

「花粉症による目のかゆみストレス」軽減のためにやってはいけないNGルール

 結城未来=健康ジャーナリスト

 春めいた陽気になると「嫌な季節になった」と感じる人の多くは、「スギ花粉」で苦しんでいる人だろう。花粉症患者は、調査を重ねるたびに増加傾向にある。全国でも多いといわれている東京都の2016年度調査では、東京都内のスギ花粉症推定有病率は48.8%。10年前の大規模調査よりも全年齢で有病率が上昇している(*1)。

 かくいう私、健康ジャーナリストの結城未来も、2月から鼻がツーンとし、目に違和感が出てきた。「きたきた!」と思ううちに、外出先ではメガネとマスクが手放せない状況に。花粉症によるくしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみに悩む人は少なくない。「鼻」へのダメージも嫌だが、特に「目」の場合、集中力を落とし、ひどいときにはかゆみや違和感で目を開けられなくなり、ストレスの増大と仕事の効率低下を招く。

 世の中には、さまざまな花粉症対策法が出回っているが、なかには陥りがちな間違いもある。そこで、今回は「花粉症による目のかゆみストレス」に関するNGルールについて、慶應義塾大学医学部特任准教授で、おおたけ眼科つきみ野医院(神奈川県大和市)副院長の綾木雅彦さんにヒントをいただくことにした。

写真はイメージ=(c)Garn Phakathunya-123RF

ドライアイの人は花粉症もひどい

――綾木医師「実はドライアイ症状がある人は、花粉症の症状もひどいんですよ」

 いきなりのカウンターパンチに驚いた。実は、私も「ドライアイ」。パソコン作業中は目がショボショボしてつらいことが多い。

――綾木医師「ドライアイというのは、涙の量が減ってしまったり、涙は分泌されるのにすぐに乾いたりすることで、結果的に目に傷などのダメージが出やすい症状です。パソコン作業、コンタクトレンズの装着、加齢など原因はいろいろですが、確実に結城さんのようなドライアイ患者さんは増えていますね」

 ドライアイ患者が増えているということは、花粉症症状がひどい人も増えているということになる。

――綾木医師「そうですね。理由はシンプルです。一つは、涙の量や質が悪くなった状態のドライアイの目に花粉が飛び込んできても、涙で洗い流すことができないということ。さらに、ドライアイの人は角膜(黒目の部分)が弱っているので、花粉などのアレルゲンから受けるダメージも大きいということです」

 つまり、洗い流す涙が少なく刺激に弱くなった目に「花粉」という大きな敵が舞い降りることで、目はダメージを悪化させるということらしい。

――綾木医師「『ドライアイ患者さんは集中力が低下しやすい』。それが、私の研究で分かってきている事実です。当然、ドライアイで花粉症もあるなら、集中力の低下とストレスを招きやすい。仕事の効率を上げたいのでしたら、この辺のケアも大切ですね」

 まずは、この時期の花粉によるストレスをなんとかしなければならない。

――綾木医師「花粉が目に入ったことによるアレルギー症状には、主に4つあります。『かゆみ』『涙が出る』『目やにが出る』『充血』ですね」

【花粉が目に入ることによる主なアレルギー症状】

  • 「かゆみ」:目や鼻の粘膜にある肥満細胞から化学物質(ヒスタミンなど)が放出され、異物である花粉に過剰反応して発生する
  • 「涙が出る」:目に異物が入ったことによって「大変だ!目を守らなければ!」と目が反応することで出る
  • 「目やにが出る」:花粉が飛び込むことで、花粉を撃退するために戦った目の表面の細胞の死骸や、ダメージを受けた組織。「皮膚と同じく、垢(あか)や老廃物の一種ですね」(綾木さん)
  • 「充血」:花粉との戦いの最中に出たヒスタミンなどの化学物質が血管を刺激することで起こる

……花粉が目に飛び込むと、目の中では激しい戦いが繰り広げられるらしい。目がつらくなるのも当然のことなのだと、納得だ。

NGルール(1)「目や目の周辺を手でかくのはNG」

 なかでも、「かゆみ」で困っている人は少なくないはずだ。実際、私も目のかゆみで、気付けば目をこすってしまっていることが多い。

――綾木医師「こするのは絶対にダメです。ヒスタミンなどの『かゆみ物質』はこすればこするほど増えて、かゆみは広がる一方です。皮膚と同じですね」

 では、どうすれば?

次ページ
水洗いは避けて

1/3 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.