日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > ストレス解消のルール  > 寒い季節に気になる濃い体臭 ネバつく汗の対策と衣類ケアで撃退
印刷

ストレス解消のルール

寒い季節に気になる濃い体臭 ネバつく汗の対策と衣類ケアで撃退

厚着の季節の体臭対策

 結城未来=健康ジャーナリスト

「ニオイの季節は夏」と思いがちだ。だが、冬や春に悪臭を感じると、ニオイが気にならない時期なだけに周囲へのインパクトも大きい。かくいう健康ジャーナリスト結城未来も、以前から衣服の中で蒸れたニオイがひそかに気になっていた。どうやら、寒い季節にはニオイを濃くする条件がそろっているようだ。陥りがちな寒い季節の「濃縮臭」ストレスを解消するためのルールを五味クリニック(東京・新宿区)の五味常明院長に教わった。

寒い冬、コートを脱いだ瞬間に「もしかして私くさい?」と感じることはないだろうか。写真はイメージ=(c) Roman Samborskyi-123RF

 きっかけは、デスクのO女史のこんな一言からだ。「オフィスで仕事をしていると、冬なのにワキが臭っているような気がしてならないんです。着こみ過ぎで汗をかいているからでしょうかね!?」

 正直、ドキっとした。私は他人が驚くほどの寒がりだ。常に体を温める高機能インナーを探し回っている。最近は厚手タイプを愛用中。外ではヌクヌクの体で歩けるが、正直に言うと暖かい室内では体が蒸れて不快な時もあった。O女史の言葉で、自分も気づかぬうちに蒸れた体から汗くさいニオイを放ち、周囲に悪いイメージを持たれているのではないかと気になりだした。そういえば以前の記事「抗酸化が鍵! 気になる体の『サビ臭』はバランス食と睡眠で撃退」の取材では、「高温多湿の夏の方がニオイを感じがち」と聞いたのだが、低温乾燥の冬にもニオイは問題になるのだろうか?

――五味院長「冬は別の意味でニオイが目立つ季節です。確かに、高温多湿の夏になるとニオイ分子は水の分子と一緒になることで拡散し鼻の中に飛び込むので、ニオイを感じやすくなります。ただ、冬は『ネバつく汗』や衣服に潜む『付着臭』によって、濃い『濃縮臭』を放つ条件がそろってしまっているのです」

 冬にはニオイが濃くなるとは驚きだ。「ネバつく汗」というのも気になる。

――五味院長「私が調べたところ、夏に比べて冬の汗に含まれるナトリウムは倍以上で、カリウムやイオンなどのミネラル成分も多いことが分かっています。そのため、『ネバつく汗』になりますし、微量に含まれるアンモニアの濃度も高まるため、不快なニオイになりがちです」

 つまり、こういうことらしい。汗の原料は血液だ。汗腺は血管から血液をくみ取り、そこから体にとって大切なミネラルなどをろ過して血管に戻し、水分99%の「サラサラ汗」を体外へ出す。この汗自体は無臭だ。ところが、冬は汗をかきにくいので汗腺も活躍の機会が減る。使わないと汗腺のろ過機能は低下。すると、汗をかいた時にうまくろ過されずに残ったミネラル成分などが次の汗に含まれてしまうので、濃いニオイの「ネバつく汗」になるということらしい。

――五味院長「さらに、この季節には衣服を着こみますよね。ネバつく汗は衣服の下で皮脂やアカと混ざり合います。これをエサにした細菌が濃いニオイ物質を発生。重なった衣服の中にこもることで、ますますニオイ濃度が上がり、不快な『濃縮臭』になるわけです」

 着こんでいる衣服の下で悪臭が育っているとは、あまり想像したくはない。でも、どうやらひそかに感じてきた「不快な蒸れ」と「ニオイ」の正体は衣服内で着々と育った「濃縮臭」らしい。

 実は私、飲食店などでコートを脱ぎ着する際、コートから嫌なニオイが散らばるのを感じて慌てたことがある。

――五味院長「コートの場合は、洋服に染みつく『付着臭』ですね。夏服は洗濯する回数も多いですが、冬服は頻繁には洗わない素材が多いので、体からの汗によるニオイやタバコ・排気ガスなどの外で付着したニオイが層のように染みこんでしまいがちです」

 どうやら、冬は「ネバつく汗」と「付着臭」の連携プレーで強烈な「濃縮臭」を放ってしまうようだ。これは、すぐにでも対策が必要だ。「濃縮臭ストレス」解消のための撃退ルールを教えていただこう。

冬の濃縮臭撃退ルール(1) 運動や入浴で「ネバつく汗」対策

写真はイメージ=(c) conneldesign-123RF

――五味院長「寒い季節こそ、積極的に体を動かして汗をかく汗腺トレーニングをしましょう。速足で通勤するだけでも、汗を効率的にかけます。20分以上は歩きましょう。歩きながら手のひらを『グーパー』と閉じたり開いたりを繰り返せば、血行がよくなり効果もアップしますよ」

 寒い日に体を丸め縮こまって歩くのではなく、「汗腺トレーニング」を意識して通勤をすれば、勢いもそのままに出社後も積極的に仕事に臨めそうだ。

――五味院長「夜はじっくりと湯船につかって入浴し、汗をかくように心がけてください」

1/2 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

人生100年時代プロジェクト 日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.