日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 未来を変えるアンメット・メディカル・ニーズ最前線  > 「利便性」だけじゃない! オンライン診療の本当の実力
印刷

未来を変えるアンメット・メディカル・ニーズ最前線

「利便性」だけじゃない! オンライン診療の本当の実力

行動変容を促し、生活習慣病を改善

 荒川直樹=科学ライター

医療分野の満たされないニーズ(アンメット・メディカル・ニーズ)についての治療分野の革新に焦点を当てていく本連載。今回は、インターネットを通じて医療行為を行う「オンライン診療」がテーマ。2018年から病気の種類や一定の要件を満たせば保険診療ができるようになった。診療システムとアプリを開発したインテグリティ・ヘルスケア代表取締役会長の武藤真祐医師に、オンライン診療に今後期待される役割を聞いた。便利になるだけではなく、患者自身が自分の健康管理について高い意識を持つようになり、さまざまな病気の予防、早期治療を実現することも可能だという(聞き手・企画:藤井省吾=日経BP総研 メディカル・ヘルスラボ所長)。

 情報通信技術(ICT)の進歩は医療の世界にも大きな変革をもたらそうとしている。その一つが、インターネットを通じて医療行為を行う「オンライン診療」だ。2018(平成30)年度診療報酬改定により、公的医療保険でオンライン診療が受けられるようになった。オンライン診療は、高血圧症や脂質異常症などの慢性疾患で、定期的に通院している患者の利便性を高めると期待されている。忙しい人が診療所へ行く負担を減らす、介護が必要な人を家族が診療所に連れて行く負担を減らすといった効果が期待されている。

 オンライン診療にはさまざまなシステムが登場しているが、武藤医師が開発に関わった「YaDoc(ヤードック)」の機能は「オンライン問診」「モニタリング」「オンライン診察」から構成される。オンライン問診は、疾患別に用意された質問項目を画面の説明に従って入力するもの。モニタリングは、患者が家庭で体重や血圧などを測ってデータを入力し、情報を医師と共有する機能だ。そして、オンライン診察はいわばテレビ電話による診察。予約した診察時間になると医師からコールがあり、電話をとる感覚で診察開始。お互いの顔を見ながら会話ができる。

YaDocの場合、オンライン診察の機能に加えて、通常の外来診療では診察時だけしかとれない患者情報を、モニタリングする仕組みも装備した。また、診察前に問診事項の質問にあらかじめ入力することで、効率的に問診ができる。単純なオンライン診療にとどまらない3つの機能で、患者さんの個別情報に寄り添う医療が可能になる。
[画像のクリックで拡大表示]
オンライン問診では、疾患別に用意された質問項目を、患者が画面の説明に従って入力する。
[画像のクリックで拡大表示]
家庭で体重や血圧などを測って患者がデータを入力し、医師と共有する。
[画像のクリックで拡大表示]
診察はテレビ電話のような形で行われる。予約した診察時間になると医師からコールがあり、お互いの顔を見ながら会話ができる。
[画像のクリックで拡大表示]

武藤さんがオンライン診療の重要性に注目するようになったきっかけについて教えてください。

武藤  オンライン診療に注目するようになった理由は3つあります。まず、私は、循環器専門医として20年間を過ごし、その間に入院、外来、在宅と幅広い立場で患者さんを診てきました。そのなかで感じていたのは外来診療の限界でした。医師は、果たして患者さんの本当の状態をどれほど分かった上で診療できているのかという疑問を感じたのです。

1/4 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.