日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 未来を変えるアンメット・メディカル・ニーズ最前線  > アトピー性皮膚炎の期待の新薬、根本的な治療になる可能性も
印刷

未来を変えるアンメット・メディカル・ニーズ最前線

アトピー性皮膚炎の期待の新薬、根本的な治療になる可能性も

第2回 発症機序にピンポイントに作用、かゆみを抑えて症状の悪循環を解消

 荒川直樹=科学ライター

医療分野の満たされないニーズ(アンメット・メディカル・ニーズ)についての治療分野の革新に焦点を当てていく本連載。前回に続き、アトピー性皮膚炎の治療に登場した10年ぶりの新薬が治療の現場に与えたインパクトに迫る。

ピンポイントに効いて、かゆみや不眠に悩む患者の運命を変える

 ステロイド外用剤など標準治療で症状をコントロールできない一部のアトピー性皮膚炎に全身療法をプラスできる。それがアトピー性皮膚炎の10年ぶりの新薬として登場したデュピルマブ(商品名:デュピクセント、発売:サノフィ)の最大の特徴だ。今回は、発売元のサノフィに新しい治療薬のインパクトについて聞いた。

 サノフィのコミュニケーション部マネジャーの田中康志氏は「デュピルマブによる治療を行った患者さんから、『かゆみが減った』『赤みが減った』『半袖が安心して着られるようになった』といった皮膚症状の改善だけでなく『眠れるようになった』という声も届いている。デュピルマブはアトピーによって制限されていた日常を取り戻す薬という期待を感じる」と話す。

 アトピー性皮膚炎の人は、寝ている間もずっと皮膚をかいていて眠りが浅い。治療を行って熟睡できるようになることで「昼間の眠気が減った」「勉強、仕事の効率が良くなった」など大幅なQOL(生活の質)の改善につながっているという。

かゆみが軽減し、皮膚のバリア機能が回復することで「良い循環」が回り始める。(c) adiruch-123RF
かゆみが軽減し、皮膚のバリア機能が回復することで「良い循環」が回り始める。(c) adiruch-123RF

 臨床試験(第1回参照)では副作用についても調べているが、プラセボ群と比較して頻度が高かった主な副作用は頭痛、アレルギー性結膜炎、注射部位反応(痛み、腫れなど)だったが、高いもので2%ほどだった。全身療法としての安全性は、ステロイドやシクロスポリンと比較して高いと考えられる。

皮膚の状態が改善し、外用剤の手間も減少

 どのような患者がデュピルマブによる治療を受けられるのか。厚生労働省は2018年4月にデュピルマブの「最適使用推進ガイドライン」を発表しており、現在はその内容に沿った処方が行われている。例えば、治療対象となるのは通常の外用治療(ステロイド外用剤やタクロリムス軟膏)を一定期間(6カ月)行っても効果が不十分である場合。しかも強い炎症を伴う皮疹が広範囲に及ぶ場合としており、症状の強さについてはEASIという皮疹のスコアが16以上(中等度)であるなど基準を細かく定めている。

 そして使用上のポイントは「外用剤や保湿剤による十分な治療を行った上で、デュピルマブによる治療を加える」というもの。患者にとって治療上の手間は変わらないように思えるが、日本医科大学大学院医学研究科皮膚粘膜病態学分野大学院教授の佐伯秀久氏は「家庭で理想的な外用剤治療を行うには、それなりの負担が掛かります。デュピクセントが登場したことで、『塗る量を減らせる』『全身に塗っていたものが、皮疹があるところだけ塗る』『ステロイドのランクを落とせる』など外用剤を塗る負担も軽減されます」と評価する。

デュピルマブでの治療対象
(厚生労働省「最適使用推進ガイドライン」より)
  • アトピー性皮膚炎の症状が中等度以上
  • 強い炎症のある皮疹が広範囲にある
  • 通常の外用薬治療を6カ月以上でも効果が不十分な成人アトピー性皮膚炎患者
※そのほか「顔面の広範囲に強い炎症のある皮疹がある場合」も対象となる。
デュピルマブ治療のメリット
  • 外用剤を塗る量や手間が減らせる
  • ステロイド外用薬の強さのランクを落とせる
  • 外用薬療法単独より、皮膚の状態がより改善する

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 加齢で進む胃の不調 機能性ディスペプシアと逆流性食道炎の原因と対策

    加齢により胃の機能が衰えると、さまざまな不調が起きる。ピロリ菌の除菌が進んで胃がんや胃潰瘍が減ってきた今、胃の病気の主役は、胃もたれや胃痛の症状を招く「機能性ディスペプシア」と、胸やけやげっぷが起きる「逆流性食道炎」の2つに移行しつつある。なぜ機能性ディスペプシアと逆流性食道炎は起きるのか、どのような治療が必要なのか、セルフケアで改善・予防できるのか。このテーマ別特集では、胃の不調の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.