日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > Dr.今村の「感染症ココがポイント!」  > 多くの有名人を死に至らしめたエイズ、早期治療で死なない病気に  > 2ページ
印刷

Dr.今村の「感染症ココがポイント!」

多くの有名人を死に至らしめたエイズ、早期治療で死なない病気に

根強い偏見や無関心が、早期発見・治療の妨げに

 田村知子=ライター

出典:「平成29年 結核登録者情報調査年報集計結果について」
[画像のクリックで拡大表示]

 日本ではここ数年、新たにHIV感染症と診断される人は毎年約1400人となっています。先ほどお話ししたように、HIV感染が分かった時点で治療を始めることができれば、エイズの発症を抑えることができますが、HIVの新規感染者の約3割は、HIV感染の診断時に、すでにエイズを発症しています。都市部以外では、HIV感染の診断時にすでにエイズを発症しているケースが5割を超える地域もあります。治療が進化している一方で、診断の遅れが大きな問題となっています。

 日本では治療の進歩によって、新たな課題も生まれてきています。これまでは、HIV感染症と診断されると、都道府県が定めたエイズ拠点病院を紹介され、そこで治療が行われてきました。しかし、近年は治療薬によってHIVを検出されない程度にまで抑えられるようになり、エイズ治療よりも他の病気の治療が必要になることの方が相対的に多くなっています。

 例えば、歯の治療や腎臓病の透析治療などは、遠くにあるエイズ拠点病院にわざわざ通うより、自宅や職場の近くの医療機関の方が通院しやすいですよね。ところが、HIV感染者が受診を希望しても、エイズ拠点病院ではないことや「診療したことがない」といった理由で、診療を断られることがあるのです。HIVは血液での感染リスクが肝炎ウイルスなどより低いにもかかわらずです。

 東京都の場合は、東京都が東京都歯科医師会に委託して「東京都エイズ協力歯科医療機関紹介事業」を行っており、主治医に相談をすると、エイズ協力歯科医療機関として登録されている歯科医院を紹介される仕組みになっています。ただ、登録している医療機関は100カ所程度と、東京都に存在する歯科医院の数からすればまだまだ少ない状況です。

 また、HIV感染者の高齢化も進んでいて、がんや脳梗塞といった病気の治療が必要になるケースも増えてきています。今後は長期療養病院や在宅医療などと連携した医療体制を整備する必要があるでしょう。

治療をすればHIVは検出されず、感染もしない

先ほどHIVの感染リスクについて触れられていましたが、もう少し詳しく教えてください。

 HIVはウイルスを含む血液、精液、膣分泌液などが粘膜や傷口に触れると、感染するリスクがあります。日本では、HIV感染者の多い国や地域と比べると、薬物使用による感染や母子感染は圧倒的に少なく、感染の原因は性行為によるもの、特に同性と性行為の経験がある男性が多くなっています。そのためか、一般の人には根強い偏見があり、医療者でも正しい知識のない人もいます。

 HIVは、インフルエンザのようにくしゃみや咳(せき)などによる飛沫感染はしませんし、唾液や汗でもうつりません。性行為の際はコンドームをすれば感染を予防できますし、先ほどお話しした通り、血液に触れた場合の感染リスクは、肝炎ウイルスより低いことも分かっています。

 こうした正しい知識を広めて、HIV感染者への差別や偏見を減らすために、今は「U=U」というキャンペーンが世界的に展開されています。これは「Undetectable(検出されない)=Untransmittable(感染しない)」を表していて、HIVに感染しても、治療をすれば血液中にHIVが検出されないレベルになり、性行為でも感染しないような状態となることを意味しています。ただし、梅毒などHIV以外の性感染症のリスクもあるため、このことでコンドームなどでの予防が不要となるという意味ではありません。

 HIVに感染すると、急性期と呼ばれる初期にはインフルエンザのような症状が出ることがありますが、その割合は50%程度です。また、初期に症状が出ても自然によくなってしまい、その後は数年から十数年の長期間、症状が全く出ない「無症候期」に移行します。ですから、自覚症状がなくても、以下のような項目に身に覚えがあれば、HIV検査を受けてみてください。

【HIV検査を受けることが特に勧められる人】

  • 同性と性行為の経験がある男性
  • 感染しているかどうか不明な不特定多数の人との性行為を経験したことのある男性・女性
  • 梅毒に感染したことがある人
  • 性行為でB型肝炎、C型肝炎、アメーバ症などに感染した人
  • コンドームを使用しないリスクの高い性行為の経験がある人

 なお、HIV検査を実施している機関や相談窓口は「HIV検査相談マップ(全国HIV/エイズ・性感染症検査・相談窓口情報サイト)」で検索できます。

(図版制作:増田真一)

今村顕史(いまむら あきふみ)さん
がん・感染症センター都立駒込病院感染症科部長
今村顕史(いまむら あきふみ)さん 1992年浜松医科大学卒業。駒込病院で日々診療を続けながら、病院内だけでなく、東京都や国の感染症対策などにも従事。日本エイズ学会理事などの様々な要職を務め、感染症に関する社会的な啓発活動も積極的に行っている。自身のFacebookページ「あれどこ感染症」でも、その時々の流行感染症などの情報を公開中。都立駒込病院感染症科ホームページ(http://www.cick.jp/kansen/)。

先頭へ

前へ

2/2 page

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.