日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > Dr.今村の「感染症ココがポイント!」  > インフルエンザ、例年より早く流行か? 早めのワクチンで重症化予防  > 2ページ目
印刷

Dr.今村の「感染症ココがポイント!」

インフルエンザ、例年より早く流行か? 早めのワクチンで重症化予防

 田村知子=ライター

 10月上旬現在では、お住まいの地域によって、流行の度合いがかなり違っていると思います。すでに流行が広まりつつあるのを実感している人もいれば、身近にインフルエンザを発症している人はまだいないという人もいるでしょう。いずれにしても、行楽シーズンの秋は人の移動が多くなります。また、今年はラグビーワールドカップが日本で開催されており、オーストラリアやニュージーランド、南アフリカなど、日本とは季節が逆で、インフルエンザが流行していた南半球からの旅行者も多く訪れています。まだ流行が始まっていない地域でも、予防対策はしておいたほうがいいでしょう。

ワクチン接種の目的は、重症化を防ぐこと

インフルエンザの予防にはどのような対策が有効ですか。

流行地域では早めのワクチン接種を。写真はイメージ=(c)Alexey Poprotsky-123RF

 まずは、ワクチンの接種です。特に、インフルエンザにかかると重症化しやすい乳幼児や高齢者、呼吸器に基礎疾患がある人、免疫が低下している人などは、接種しておくといいでしょう。インフルエンザのワクチンは、接種してから抗体がつくまでに約2週間かかります。ワクチンの接種は10月から始まっていますので、お住まいの地域で流行が始まっている場合は、早めの接種が勧められます。

 ただし、インフルエンザのワクチン接種は、あくまでも重症化を防ぐことが目的です。ワクチンを接種したとしても、感染することはあります。

早めにワクチンを接種すると、流行が続く春先まで効果が持たないのでは?と考える人もいるようです。そのため、1シーズンに2回接種をしたほうがいいのだろうかと悩む声も聞かれます。

 どんなワクチンでも時間がたてば、徐々に抗体価が低下して、予防効果が薄れていきます。麻疹(はしか)や風疹のように感染を防ぐことが目的のワクチンで、明確な抗体価の目安があるものの場合は、それを維持するために複数回の接種を行います。しかし、インフルエンザのワクチンはそもそも重症化を防ぐことが目的であり、抗体価の目安はありません。2回接種すれば効果が高まるという根拠も特になく、健康な大人の場合は、1回の接種が基本と考えればよいでしょう。

 ちなみに、日本の小児科では、生後6カ月以上、13歳未満では、2回接種が推奨されています。WHO(世界保健機関)では生後6カ月から9歳未満で初めて接種する場合は2回で、翌年からは年1回の接種を勧めていて、国際的に共通のルールがあるわけではありません。

ワクチンを接種したとしても、手洗いなど日常的な予防も必要ですね。

 その通りです。インフルエンザの主な感染経路はくしゃみや咳(せき)による飛沫感染ですが、ウイルスが付着した物やドアノブ、手すり、つり革などを手や指で触れ、その手や指で鼻や口、目を触ることでも感染しますので、こまめに手を洗う習慣をつけましょう。アルコール性手指衛生剤での洗浄も有効です。

 また、インフルエンザの感染を疑うときや、発症してしまったときには、マスクを着けるようにすると、感染を広めるのを防げます。マスクを外したあとにも、手洗いを忘れないようにしてください(詳細は駒込病院ウエブサイト内「なぜインフルエンザにかかってしまうのか?~原因から考える予防法~」)。

今村顕史(いまむら あきふみ)さん
がん・感染症センター都立駒込病院感染症科部長
今村顕史(いまむら あきふみ)さん 1992年浜松医科大学卒業。駒込病院で日々診療を続けながら、病院内だけでなく、東京都や国の感染症対策などにも従事。日本エイズ学会理事などの様々な要職を務め、感染症に関する社会的な啓発活動も積極的に行っている。自身のFacebookページ「あれどこ感染症」でも、その時々の流行感染症などの情報を公開中。都立駒込病院感染症科ホームページ(http://www.cick.jp/kansen/)。

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「眠れない」を解消して抵抗力を高める、3つのNGと6つのテク

    暑い夜でもぐっすり眠るにはどうすればいいのか。そもそも睡眠は何時間とればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、不眠を解消するための3つのNGと、6つの快眠テクニックを紹介する。

  • 熱中症・かくれ脱水を防ぐ「水分補給」「マスク着用」のコツ

    脱水症やその一歩手前の「かくれ脱水」とはどういうもので、なぜ様々な病気につながるのか、脱水症はどんな人がなりやすく、どう予防すればいいのか。夏の今こそ知っておきたい、脱水症の怖さと対策について紹介する。さらに、夏期におけるマスク着用の注意点についても解説する。

  • かかると怖い!「膵炎」「膵がん」

    激痛に襲われる「急性膵炎」や、発見しにくく5年生存率が極めて低い「膵がん」など、膵臓の病気には厄介なものが多い。今回は、膵臓という臓器の役割や、膵臓の代表的な病気である「膵炎」「膵がん」の怖さ、早期発見のコツをまとめていく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.