日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > Dr.今村の「感染症ココがポイント!」  > インフルエンザ、例年より早く流行か? 早めのワクチンで重症化予防
印刷

Dr.今村の「感染症ココがポイント!」

インフルエンザ、例年より早く流行か? 早めのワクチンで重症化予防

 田村知子=ライター

気になる感染症について、がん・感染症センター都立駒込病院感染症科部長の今村顕史さんに聞く本連載。今回は例年よりも早く流行開始の発表が出始めている「インフルエンザ」を取り上げる。沖縄での流行が話題になっていたインフルエンザだが、九州や東京都などでも、散発的な流行が始まっている。今シーズンのインフルエンザ対策は、今後どのように考えればいいのだろうか。

インフルエンザの流行はこのまま全国に拡大するのだろうか。写真はイメージ=(c)Shao-Chun Wang-123RF

【ココがポイント!】

  • 今シーズンのインフルエンザは、例年よりも2カ月程度早く流行入りしたが、全国的な流行拡大の時期はまだ分からない(注:流行入りとなった自治体が増えてきていますが、全国レベルでは流行入りとなっていません)
  • ここ数年、A型とB型の流行パターンが変則的になっていて、どの型が流行の中心になるのかも予測しづらい
  • 住んでいる地域で流行が始まっている場合は、早めのワクチン接種を
  • ワクチンを接種しても、インフルエンザにかかることはある。手洗いやマスクの着用など日常的な予防もしっかり行う

例年より早めの流行開始、このまま全国に拡大する?

沖縄県では8月からインフルエンザ流行注意報が発令され、9月末現在では警報レベルに達しているようです。厚生労働省は9月27日に、沖縄や九州を中心に、東京都など10都県でインフルエンザの患者数が流行入りの目安を超えたと発表しました。

 沖縄では近年、夏にもインフルエンザの小さな流行が見られます。ただ、現在の流行はその中でもかなり大きなものになっています。九州でも流行が始まり、例えば佐賀県では9月9~15日の週の定点医療機関当たり患者報告数が流行開始の目安である1.0を上回りました。東京都でも9月26日、定点当たり患者報告数が1.0を超えたとの発表がありました。

インフルエンザの流行入りが発表されている地域では、流行開始が例年よりも2カ月程度早まっているようですが、このまま全国的に拡大していくのでしょうか。

 インフルエンザは例年、11月末から12月上旬ごろに流行入りし、年末年始で人の移動が多くなるころに感染者が急増。全国的な流行のピークは1月末から2月上旬ごろとなるのが一般的です。

 今シーズン(2019~2020年)は確かに、地域によっては例年よりも早い流行開始となっていますが、現在は散発的な流行が始まったところで、このまま全国的な流行に拡大していくかというと、それはまた別の話になります。

 近年は、9月にインフルエンザによる学級閉鎖などが出ることも珍しくなくなっています。例えば、東京都内では、昨シーズン(2018~2019年)の9月3日~23日に、幼稚園と小学校で8件の学級閉鎖や学年閉鎖の報告がありました。今シーズンの同時期(9月2日~22日)には、幼稚園、小学校、中学校で34件の学級閉鎖や学年閉鎖の報告があり、例年よりも多くなっています。

 ただ、学級閉鎖などを行うと、地域での感染拡大がある程度は抑えられる傾向があります。そのため、一旦は感染者が減少し、その後にまた増加していくことも考えられます。一方、現在の流行が緩やかに続いていく可能性もあり、現時点では予測が難しいところです。

 また、流行開始の報道が出始めると、例年なら今の時期にはインフルエンザを疑わなかった人が検査を受けることで、感染が分かるケースも増えます。そのために、患者数が増加しているように見えることもあるので、しばらくしないと、動向が読みづらいということもあります。

近年はA型とB型の流行パターンが崩れ、変則的に

昨シーズンはA型インフルエンザに2回かかる人が散見され、そのメカニズムを「インフルエンザ、流行ピーク過ぎても注意! なぜ2回かかる?」の記事で解説していただきました。その後にB型インフルエンザにかかった人もいたようですが、今シーズンはA型とB型、どちらが流行しそうでしょうか。

 季節性インフルエンザにはA型とB型があり、A型には「AH1pdm09(2009年に新型インフルエンザとして流行した型)」と「AH3(いわゆる香港型)」があります。国立感染症研究所が10月1日に発表した「都道府県別インフルエンザウイルス分離・検出報告状況」では、今のところ「AH1pdm09」が31例、「AH3」が8例、B型が5例となっています。しかし、今の時点ではまだ、どの型が流行の主流になるかは分かりません。

 「インフルエンザ、流行ピーク過ぎても注意! なぜ2回かかる?」の記事でもお話ししましたが、3年ぐらい前までは、「AH1pdm09」と「AH3」が交互に流行し、年明けから春先にかけてB型が増えるというのが、典型的な流行のパターンとなっていました。

 しかし、2017~2018年のシーズンは、当初からB型が流行し始め、ほぼ同時期に「AH1pdm09」、次いで「AH3」が増えました。また、2018~2019年の昨シーズンは、年末までは「AH1pdm09」が流行の中心で、2019年になってからは「AH3」が増加し、その後にB型も増えました。そのため、シーズン中に複数回、インフルエンザを発症する人が増えています。流行のパターンが変則的になっているのに加えて、例年よりも早い流行入りもあり、今後どのような流行の仕方をするのか、経過を見ていく必要があります。

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

  • つらい「肩こり」は動的ストレッチで解消!

    肩こりの原因の大半は、生活習慣。すなわち、不自然な姿勢で過ごすことや、たとえ良い姿勢であっても長時間続けてしまうことが、首や背中の筋肉を緊張させ、筋疲労を引き起こす。この記事では、肩こりに関する記事の中から重要ポイントをピックアップして、肩こりの解消方法をコンパクトに紹介していく。

  • 筋肉博士が教えるロコモ予防の下半身筋トレ

    健康寿命を延ばすためには、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動だけでなく、「筋トレ」も重要であることが最近改めて認識されている。東京大学大学院教授で“筋肉博士”こと石井直方さんは、「寝たきりにならないためには、40~50代のうちから筋肉量を増やす意識で運動することが大切」という。そこで本特集では、石井さんに聞いた、筋トレの効果と、具体的な下半身筋トレの方法を一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.