日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > Dr.今村の「感染症ココがポイント!」  > 梅毒が急増、20代女性にも拡大 「気づかぬうちに進行」が怖い
印刷

Dr.今村の「感染症ココがポイント!」

梅毒が急増、20代女性にも拡大 「気づかぬうちに進行」が怖い

のどに感染している場合は、キスで感染する可能性も

 田村知子=ライター

気になる感染症について、がん・感染症センター都立駒込病院感染症科部長の今村顕史さんに聞く本連載。今回は、近年急増している性感染症の「梅毒」を取り上げる。梅毒は気づかぬうちに感染する上、症状や進行の仕方に個人差があるため、自覚もしにくい。放置していると、やがて失明や脳障害など重大な症状を引き起こすこともある。より身近な性感染症となりつつある梅毒から身を守るために、病気の特徴を知っておこう。

日本における梅毒患者報告数の年次推移。2018年は暫定値 ※出典 性感染症報告数(厚生労働省)

【ココがポイント!】

  • 梅毒の報告数が年々増えており、特に若い女性に急増している
  • 梅毒は性的な接触で感染する。性行為の方法によっては、咽頭部(のど)など性器以外の場所にも感染する
  • 初期には性器のしこりや潰瘍、全身の発疹などが現れるが、痛みなどの症状がないことがほとんどであり、自然に消えてしまうため、気づきにくい
  • 適切な治療をしないと、気づかないうちに病気が進行する
  • 晩期には心臓や脳の障害、失明といった重篤な症状を引き起こすこともある
  • 梅毒は何度でも感染する

2018年は7000件超、20代の女性に急増

性感染症の「梅毒」が増えていますね。厚生労働省の「性感染症報告数」の年次推移を見ると、2015年には前年から1000件以上増えて2690件、2016年には4575件、2017年には5826件と、急増しているのが分かります。

 そうですね。梅毒は2011年ごろから報告数が増え始め、2018年には暫定値で7000件を超えています。以前は男性の同性間での感染が多かったのですが、最近では異性間での性的接触による感染が多くなっています。

 また、全体的に男性のほうが多いですが、近年は若い女性の感染の増加が目立ちます。東京都の2018年の年齢階級別・性別の報告数を見ると、10代、特に20代は、男性よりも女性のほうが上回っています。若い女性の感染が増えると、妊婦から胎児に感染することで発生する先天性梅毒が増えることも懸念されています。

[画像のクリックで拡大表示]

梅毒はどのようにして感染するのでしょうか。

 梅毒の病原体は梅毒トレポネーマと呼ばれるもので、らせん状の姿をしていますが、肉眼では見えません。感染している人の性器などの患部に存在し、性行為で直接接触した粘膜や皮膚の小さな傷などから侵入して感染します。

 オーラルセックス(口腔性交)で咽頭部(のど)に感染したり、アナルセックス(肛門性交)で直腸に感染するなど、性行為の方法によっては、性器以外の場所にも感染します。

キスでも感染すると言われていますが、どうなのでしょうか。

 咽頭部に病変がなければ、キスでの感染のリスクは極めて低くなります。しかし、オーラルセックスなどで咽頭部に感染している場合には、本人も気づかずに、キスでもパートナーへ感染させる可能性があります。

症状や進行は人それぞれ、初期には気づかないことも

感染すると、どんな症状が出て、どのように進行していくのでしょうか。

[画像のクリックで拡大表示]

 典型的な進行の一例を挙げると、初期とされる第1期、第2期を経て、症状が表れない潜伏期に入り、その後、晩期とされる重症の状態に至ります。この過程で、全身に様々な症状が表れます。

 ただし、これは分かりやすく示したもので、必ずしもこの経過をたどるとは限りません。第1期から第2期までの潜伏期間は4~10週間としていますが、もっと遅く第2期になる人もいますし、第1期がないまま第2期になったり、第1期と第2期に同時になったりする人もいます。また、潜伏梅毒になってから、再び第2期梅毒を発症する場合もあります。

 それぞれの時期に特徴的な症状はありますが、症状は一時期で自然に消えてしまったり、出なかったりすることもあります。以下にそれぞれの時期の特徴を簡単にまとめますが、あくまでも典型的な一例として参考にしてください。

次ページ
検査はどこで?

1/2 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 放置は厳禁! 「脂肪肝」解消のコツNEW

    人間ドック受診者の3割以上が肝機能障害を指摘されるが、肝臓は「沈黙の臓器」だけあって、数値がちょっと悪くなったくらいでは症状は現れない。「とりあえず今は大丈夫だから…」と放置している人も多いかもしれないが、甘く見てはいけない。肝機能障害の主たる原因である「脂肪肝」は、悪性のタイプでは肝臓に炎症が起こり、肝臓の細胞が破壊され、やがて肝硬変や肝がんへと進んでいく。誰もが正しく知っておくべき「脂肪肝の新常識」をまとめた。

  • 肩の痛みから高血圧まで、「姿勢の崩れ」は様々な不調の原因に

    「姿勢」が、肩こりや腰痛の原因になることを知っている人は多いだろうが、足の痛みや高血圧、誤嚥性肺炎まで、全身の様々な不調・疾患の原因になることをご存じの方は少ないかもしれない。これまでに掲載した人気記事から、姿勢と様々な病気・不調との関係について知っておきたいことをコンパクトにまとめた。

  • あなたも「隠れ心房細動」?! 高齢化で急増する危険な不整脈

    脈の速さやリズムが乱れる「不整脈」。その一種である「心房細動」は、高齢化に伴い患者数が増加しており、潜在患者も含めると100万人を超えると言われている。心房細動の怖いところは、放置すると脳梗塞などの命に関わる病気を引き起こす可能性があることだ。本記事では、心房細動の症状や早期発見のコツ、治療のポイントなどをコンパクトにまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設 日経Gooday春割キャンペーン

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.