日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > Dr.今村の「感染症ココがポイント!」  > 感染力強い「はしか(麻疹)」。流行繰り返さないために予防接種を  > 2ページ
印刷

Dr.今村の「感染症ココがポイント!」

感染力強い「はしか(麻疹)」。流行繰り返さないために予防接種を

妊婦が感染すれば、流産や早産などを招く可能性も

 田村知子=ライター

 また、麻疹には潜伏期やカタル期といった診断が難しい時期があることも、感染を広げてしまう大きな要因となっています。

「カタル期」とはどういうものでしょう?

 ではまず、麻疹の経過を簡単にまとめてみましょう(図2も)。

【潜伏期】
・10~12日間は症状が出ない潜伏期間がある
・免疫のない人が感染すれば、ほぼ100%発症する(顕性感染)
【カタル期】
・発症から5日程度までで、感染力が最も強い時期
・鼻水やくしゃみ、咳、喉の痛みといった風邪のような症状がある
・低めの発熱のあと解熱し、後半には口の中に「コプリック(Koplik)斑(ほほの裏側にできる塩粒をまいたような白い斑点)」が出現する
【発疹期】
・再び高熱が出て(二峰性の発熱)、赤い発疹が耳の後ろやほほなど顔から、体、手足と全身に広がっていく
【回復期】
・高熱は3~4日間程度で下がっていく
・その後に発疹も治っていくが、炎症がひどいときには一時的に日焼けしたときのように皮膚がはがれ落ちたり(落屑=らくせつ)、黒ずんだり(色素沈着)することもある
発疹が表れる前の「カタル期」が最も感染力が強い。イラスト=(c)captainvector-123RF
[画像のクリックで拡大表示]

 このように、潜伏期やカタル期には、麻疹に特徴的な高熱と発疹が表れないため、感染症の専門医でも、麻疹を強く疑うことは難しいのです。しかも、カタル期が最も感染力が強いので、本人も「風邪かな?」などと思っているうちに、感染を広げていってしまいます。

麻疹予防にはワクチン接種が最善策

では、麻疹の感染を防ぐにはどうしたらいいのでしょう。

 麻疹の感染を防ぐ最も有効な方法は、ワクチンを接種して、麻疹に対する免疫をつけておくことです。

 麻疹の流行は、感受性者(免疫がなく感染しやすい人)が少ないほど、拡大を食い止めやすくなります。ですから、麻疹の流行時には、リスクの高い場所のリスクの高い人、つまり、流行している地域の感受性者や、感染者と接触する可能性の高い人、例えば、空港や医療機関に勤務する人、教育関係者などに、緊急的にワクチンを接種してもらうことが重要です。

 また、国内の発生地域や海外を訪れる予定のある人、不特定多数の人と接する機会が多い人なども、ワクチンを接種しておくことが勧められます。

自分に免疫があるかどうかは、どうすれば分かりますか。

 簡単に確認する方法としては、過去に麻疹に感染したことがある人、ワクチンを2回接種したことがある人は、免疫があるのでワクチン接種は不要です。

 ただし、幼少期に感染したという記憶は、必ずしも正しいとはいえません。

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.