日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > Dr.今村の「感染症ココがポイント!」  > 生魚は「新鮮=安全」とは限らない! アニサキスによる食中毒にご用心
印刷

Dr.今村の「感染症ココがポイント!」

生魚は「新鮮=安全」とは限らない! アニサキスによる食中毒にご用心

体長数メートルにもなる裂頭条虫にも注意

 田村知子=ライター

気になる感染症について、がん・感染症センター都立駒込病院感染症科部長の今村顕史さんに聞く本連載。今回は魚介に寄生する「アニサキス」による食中毒を取り上げる。今は初ガツオがおいしい時期だが、アニサキスはカツオから見つかることも多い。魚介を安全に食べるためには、どのようなことに注意すればよいのか。アニサキスの特徴や食中毒の予防法を聞いた。

アニサキスは体長2~3cm。肉眼では白い糸のように見える (c)Juan Aunion-123RF

【ココがポイント!】

  • アニサキスはサバ、サンマ、アジ、カツオなど多くの魚介類に寄生している
  • アニサキス食中毒の報告件数は10年で40倍近くに増加
  • 胆石症と間違えるほどの激しい腹痛が起きることも
  • 「新鮮=安全」とは限らない。生食は避け、加熱や、冷凍などで予防を
  • ヒラメ、サケやマスの生食は、別の寄生虫のリスクもある

食中毒の原因第2位、推計では年間7000件発生

この連載では以前、鶏肉に多いカンピロバクター菌が原因となる細菌性の食中毒を取り上げました(「食中毒、実は多い鶏肉由来 鳥刺しは注意、焼き鳥も…」を参照ください)。今回は魚介に寄生している「アニサキス」による食中毒ということですが、アニサキスとはどのようなものでしょうか。

 アニサキスは線虫の一種で、サバ、サンマ、アジ、カツオ、イワシ、サケ、ニシン、ホッケ、マス、イカなど、多くの魚介に寄生しています。体長は2~3cmで、肉眼では白い糸のように見えます。魚介類の内臓を中心に寄生していますが、魚の鮮度が落ちると、筋肉(刺し身などで食べる身の部分)の方に移動する傾向があります。

スーパーなどで購入した魚でも、小さく丸まった状態のアニサキスが見つかることがある
[画像のクリックで拡大表示]

 一般的なスーパーなどで購入した魚でも、内臓や身をよく探してみると、小さくとぐろを巻いた白い糸のようなアニサキスが見つかることがあります。

アニサキスは意外と身近に存在しているのですね。アニサキスによる食中毒は、どのくらい発生しているのでしょうか。

 厚生労働省が発表している平成29(2017)年の「食中毒発生状況」の資料によれば、アニサキスによる食中毒の報告件数は230件。2016年の124件から100件以上増加しており、カンピロバクター菌の320件に次ぐ第2位の原因となっています。2007年には6件だった報告件数が、10年で40倍近く増えていることになります。

出典:厚生労働省「平成29年食中毒発生状況」
[画像のクリックで拡大表示]

 ただ、これらの件数は医療機関から発生届が提出された報告数なので、これ以外にも多くの未報告例があると考えられます。国立感染症研究所が行った調査によると、2005~11年に医療機関を受診した約33万人の診療報酬明細書データを基にした試算では、年間に約7000件のアニサキス食中毒が発生していると推計されています。つまり、報告件数は氷山の一角であり、実際にはさらに多くのアニサキス食中毒が発生しているのです。

激しい腹痛や嘔吐を引き起こすことも

アニサキス食中毒では、どのような症状が出るのでしょうか。

 アニサキスが寄生した魚介を食べ、胃や腸に入ることで、腹痛や嘔吐(おうと)などを引き起こします。症状は人それぞれで、特に出ない場合や軽い場合もあれば、虫垂炎(いわゆる盲腸)や胆石症などと間違えるほどの激痛が起きることもあります。

腹痛は、アニサキスが胃や腸の壁を刺すことによる痛みなのでしょうか。

 アニサキスは胃や腸の壁に潜り込んで寄生する習性がありますが、刺すことによる痛みで腹痛が起こるというわけではありません。機序は明らかになっていませんが、アニサキスによるアレルギー反応が症状を引き起こすのではないかと考えられるようになっています。

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.