飛沫感染の場合、くしゃみなどでウイルスが飛んでも、水分を多く含むため2メートル以内のところで地面に落ちてしまうが、麻疹のウイルスは粒子が小さくて軽いので、空中を長く浮遊する。原画=(c)captainvector-123RF

記事に戻る