日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > Dr.今村の「感染症ココがポイント!」  > 薬剤耐性菌はなぜ出てくるのか? 怖いのは抗菌薬が効かず重症化
印刷

Dr.今村の「感染症ココがポイント!」

薬剤耐性菌はなぜ出てくるのか? 怖いのは抗菌薬が効かず重症化

薬剤耐性菌の拡大を防ぐためにできること

 田村知子=ライター

気になる感染症について、がん・感染症センター都立駒込病院感染症科部長の今村顕史さんに聞く本連載。今回は、「抗菌薬(抗生物質)との正しい付き合い方」を取り上げる。近年、抗菌薬が効かない薬剤耐性(AMR=Antimicrobial Resistance)を持つ細菌の増加が世界中で問題となっており、各国が対策に乗り出している。薬剤耐性菌はなぜ問題なのか、薬剤耐性菌の拡大を防ぐために私たちができることは何か、詳しく解説していただいた。

抗菌薬は必要なときに、適切な種類・量で服用を。写真はイメージ=(c) Alexander Alexeev-123RF

【ココがポイント!】

  • 薬剤耐性を持つ細菌の増加が世界中で問題となっており、抗菌薬の開発が追いつかなくなってきている
  • 薬剤耐性菌がさらに拡大すれば、感染症の予防や治療が困難になり、命を落とすリスクも高まる
  • 薬剤耐性菌は、「必要のない症例での抗菌薬の投与」「必要以上の広域抗菌薬の投与」「必要以上の抗菌薬の長期投与」で出現しやすい
  • 薬剤耐性菌の拡大を防ぐには、風邪など抗菌薬が必要のないときには、医療者は安易に投与せず、患者も安易に求めないことが大切
  • 抗菌薬は必要なときに、適切な種類を、適切な量と期間で服用する

薬剤耐性菌による国内の死亡者は年約8000人とも

2019年12月5日に、抗菌薬(抗生物質)が効かない「薬剤耐性菌」の中でも頻度の高いメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)とフルオロキノロン耐性大腸菌(FQREC)による国内の2011~17年の年間死亡者数は約8000人に上るとの推計を、国立国際医療研究センター病院などの研究チームが発表しました。まずこの調査について教えてください。

 薬剤耐性を持つ細菌の増加は世界中で問題となっていて、 世界保健機関(WHO)では2015年5月の世界保健総会で「薬剤耐性(AMR)に関するグローバル・アクション・プラン」を採択。加盟国に対し、2年以内に自国のアクションプランを策定するよう要請しました。

 これを受けて日本でも、2016年4月に「薬剤耐性(AMR)対策アクションプラン 2016-2020」が発表され、薬剤耐性削減の取り組みが始まりました。薬剤耐性菌による死亡者数の推計も、その一環として行われた調査によるものです。

薬剤耐性菌が増えたことで、どんな問題が起こっているのでしょうか。

 まず、抗菌薬と薬剤耐性の歴史を振り返ってみましょう。感染症はかつて、多くの人の命を奪ってきました。例えば、中世のヨーロッパでは黒死病と呼ばれたペスト菌によるペストが大流行し、多数の死者が出たことで、人口減少まで引き起こしました。また、戦争では傷を負った多くの兵士が感染症によって命を落としてきましたが、1920年代末に世界初の抗生物質となるペニシリンが発見され、42年に実用化されると、第2次世界大戦では多くの傷病兵の命を救いました。

 やがて、様々な感染症に効果のある抗菌薬の開発が進み、それぞれに効果のある抗菌薬が誕生しました。すると、細菌が生き延びようとして耐性を獲得することで、従来の抗菌薬が効かない細菌が出現。今度はより多くの種類の細菌に効果のある広域抗菌薬の開発が進みましたが、これに対しても、多くの抗菌薬が効かない多剤耐性菌が出現しました。次々と現れる薬剤耐性菌に対し、抗菌薬の開発が追いつかなくなってきているのが現状です。

 抗菌薬が効かなくなると、これまでは適切に治療すれば回復できた感染症を治療することが難しくなり、重症化したり、命を落としたりするリスクが高まります。また、感染症の流行が拡大する恐れもあります。世界では今、そうならないための対策が、喫緊の課題となっているのです。

風邪に抗菌薬は不要、治すのは自身の免疫力

薬剤耐性菌はどのようなときに出現しやすいのでしょうか。

 薬剤耐性菌が出現しやすい条件には、主に3つのケースがあります。1つは必要のない症例での抗菌薬の投与、2つめは必要以上の広域抗菌薬の投与、3つめは必要以上の抗菌薬の長期投与です。

 必要のない症例での抗菌薬投与の代表例には、風邪に対する抗菌薬が挙げられます。抗菌薬は細菌に対して効果を発揮するもので、ウイルスが原因となる風邪に投与しても効きません。いわゆる風邪薬にしても、ウイルスを死滅させるものではなく、くしゃみや鼻水、のどの痛みといった風邪の症状を和らげるためのものです。風邪自体を治すのはその人の免疫の働きで、薬ではないのです。

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 60代以降で急増! 男を悩ませる前立腺の病気

    中高年にさしかかった男性にとって、病気が心配になる臓器の1つが「前立腺」だ。前立腺の病気のツートップ、前立腺肥大症と前立腺がんは、いずれも中高年になると急増する。前立腺肥大症は夜間頻尿などの尿トラブルの原因になり、前立腺がんは、進行が遅くおとなしいがんと思われているが、骨に転移しやすいという特徴があり、怖い一面もある。今回のテーマ別特集では、前立腺の病気の症状から、具体的な治療法までを紹介していこう。

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.